シーケンサーのホットキー

シーケンサーの主なホットキーのリストと説明です。

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

以下は、シーケンサーの主なホットキーのリストとその機能です。

再生およびタイミング

コマンド

説明

スペースバー

シーケンスの再生を再生と一時停止で切り替えます。

下向き矢印

シーケンスを再生します。

K

シーケンスを一時停止します。

上向き矢印

シーケンスの開始点に移動します。

Ctrl + 上向き矢印

シーケンスの終了点に移動します。

左向き矢印

シーケンスで 1 フレーム戻ります。

右向き矢印

シーケンスで 1 フレーム進みます。

L

前方向にシャトルします。シャトルとは、増分的な速度でシーケンサーを再生することを表す編集の概念です。このキーを押すとシーケンスの再生が開始され、繰り返し押すことで速度が上がります。

J

後方向にシャトルします。シーケンスがすでに再生されているか、前方向にシャトルしている場合、このキーを押すたびに速度が低下し、最終的には逆再生が開始されます。

Shift + 左向き矢印

Playback Options (再生オプション) メニューの [Jump Frame Increment (ジャンプ フレームの増分)] で定義された量だけ、シーケンスを戻ります。

Shift + 右向き矢印

[Playback Options] メニューの [Jump Frame Increment] で定義された量だけ、シーケンスを進みます。

Ctrl + 左向き矢印

選択されたキーフレームおよびセクションを 1 フレーム後方に移動します。

Ctrl + 右向き矢印

選択されたキーフレームおよびセクションを 1 フレーム前方に移動します。

[

シーケンスの開始時間を再生ヘッドに設定します。

]

シーケンスの終了時間を再生ヘッドに設定します。

End

マスター シーケンスの開始時間と終了時間の両方を、すべてのショットの期間に一致させます。

.

シーケンスで、各キーフレームおよびセクションの境界ごとに進みます。

,

シーケンスで、各キーフレームおよびセクションの境界ごとに戻ります。

I

カスタム タイムラインの選択範囲 の開始点を再生ヘッドに設定します。

O

カスタム タイムラインの選択範囲の終了点を再生ヘッドに設定します。

ページアップ

再生ヘッドの前のショットを包むカスタムのタイムライン選択範囲を作成します。

ページダウン

再生ヘッドの次のショットを包含するカスタムのタイムライン選択範囲を作成します。

M

現在の再生ヘッド時間での カスタム タイムライン マーク の作成/削除を切り替えます。

Ctrl + Shift + .

シーケンサーの再生を前のカスタム タイムライン マークまで早送りします。

Ctrl + Shift + ,

シーケンサーの再生を次のカスタム タイムライン マークまで早送りします。

Ctrl + Shift + T

タイムコード、秒、フレームの間で時間表示を切り替えます。

Ctrl + A

現在選択されているアクタをシーケンサーに追加します。

Shift + S

自動スクロールを切り替えます。有効にすると、シーケンスの再生中にタイムラインが自動的にスクロールされ、再生ヘッドが表示されたままの状態が保たれます。

Ctrl + T

数値を入力して Enter キーを押すと、タイムラインの特定の時間に移動します。

Ctrl + R

シーケンサーでアニメートされたすべてのオブジェクトを、元のエディタのデフォルトの状態に戻します。

タイムラインおよびトラックの操作

コマンド

説明

右クリックしてドラッグ

カーソルの動きに合わせてタイムライン ビューをパンします。

マウスホイールのスクロール

タイムラインを上下にパンします。

Shift + マウスホイールのスクロール

タイムラインを左右にパンします。

Ctrl + マウスホイールのスクロール

タイムラインをズームします。

Alt + Shift + 右クリックしてドラッグ

カーソルの動きに合わせてタイムラインをズームします。

Home

タイムラインのズーム レベルを、開始時刻と終了時刻のフレームに戻します。

-

タイムラインを 10% 拡大します。

=

タイムラインを 10% 縮小します。

V

選択したトラックを 1 レベルごとに展開するか、折り畳むかを切り替えます。

Shift + V

選択したトラックとその子孫を展開するか、折り畳むかを切り替えます。

Ctrl + G

選択したトラックを新しい フォルダ にグループ化します。

Shift + G

選択したトラックをフォルダから削除します。

Alt + 左向き矢印

前に表示したショットまたはシーケンスに戻って、開きます。

Alt + 右向き矢印

前に表示したショットまたはシーケンスまで進んで、開きます。

Ctrl + F

検索バーに焦点をあて、シーケンサーでトラック名を検索します。

Ctrl + [

再生ヘッドの後方にあるすべてのキーフレームとセクションを選択します。

Ctrl + ]

再生ヘッドの前方にあるすべてのキーフレームとセクションを選択します。

キーフレーミング

キーフレームの主な操作には、以下のコマンドを使用できます。

コマンド

説明

Enter

再生ヘッドで選択された各トラックのキーフレームを作成します。

中ボタンをクリック

カーソル位置で選択されたトラックのキーフレームを作成します。

Ctrl + Shift + V

シーケンサーのクリップボードの履歴からコピーしたキーフレームを貼り付けます。キーフレームをコピーするたびに、そのキーフレームがシーケンサーの専用のクリップボードの履歴に追加されます。コピーしたキーの特定のセットはいつでも履歴から選して、貼り付けることができます。

PasteHistory.png

Ctrl + 左向き矢印

選択されたキーフレームおよびセクションを 1 フレーム左に移動します。

Ctrl + 右向き矢印

選択されたキーフレームおよびセクションを 1 フレーム右に移動します。

Ctrl + M

選択されたキーフレームとセクションを指定された量だけ移動します。

キーフレーム補間

以下のホットキーを使用して、 キーフレーム補間 モードを設定することができます。

コマンド

説明

1

選択したキーフレームを Cubic (Auto) に設定します。キーフレーム間のカーブをスムーズに維持し、開始キーフレームと終了キーフレームの両方を滑らかにします。キーフレームを追加/移動するたびに、自動的に調整されます。

2

選択したキーフレームを Cubic (User) に設定します。Cubic (User) は、Cubic (Auto) と似ていますが、キーフレームの追加時または移動時に接線をロックし、追加の自動編集が行われないようにします。

3

選択したキーフレームを Cubic (Break) に設定します。Cubic (Break) は、Cubic (Auto) と似ていますが、接線が切れているため、カーブ エディタから異なる入射角や出射角を指定することができます。

4

選択したキーフレームを Linear に設定します。Linear 接線では、キーフレーム間のスムージングやイージングが行われず、各キーフレームへの到達時に即座に開始および終了されます。

5

選択したキーフレームを Constant に設定します。Constant 接線は、次のキーフレームに達するまで現在の値を維持し、補間されないキーフレームと同様に機能します。

セクションの編集

セクション は、以下のコマンドで編集することができます。

コマンド

説明

Ctrl + /

選択したセクションを再生ヘッドの位置で分割します。

Ctrl + ,

選択したセクションの左側から再生ヘッドの位置までをトリミングします。このコマンドは、セクション データのみを削除します。

Ctrl + .

選択したセクションの右側から再生ヘッドの位置までをトリミングします。このコマンドは、セクション データのみを削除します。

Alt + [

選択されているトラック上のすべてのセクションの左側から再生ヘッド位置までをトリミングします。このコマンドは、セクション データを追加または削除することができます。

Alt + ]

選択されているトラック上のすべてのセクションの右側から再生ヘッド位置までをトリミングします。このコマンドは、セクション データを追加または削除することができます。

トランスフォーム トラック

アクタの トランスフォーム をキーフレーム化するには、次のコマンドを使用します。

コマンド

説明

S

トランスフォーム トラック (既存のものがない場合) が作成され、Location、Rotation、および Scale プロパティでキーフレーム化されます。

Shift + W

トランスフォーム トラック (既存のものがない場合) が作成され、Location プロパティのみでキーフレーム化されます。

Shift + E

トランスフォーム トラック (既存のものがない場合) が作成され、Rotation プロパティのみでキーフレーム化されます。

Shift + R

トランスフォーム トラック (既存のものがない場合) が作成され、Scale プロパティのみでキーフレーム化されます。