ソース パネルのリファレンス

コンテンツ ブラウザ内のソース パネルの操作に関するリファレンス

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

コンテンツ ブラウザ の左側にある ソース パネルには、Unreal Engine プロジェクト内のすべてのフォルダとコレクションのリストが表示されます。このパネルをカスタマイズして、他のタイプのアセットやアセットの整理機能を追加したり、エディタでの一般的な操作を開始するために使用することができます。

ソース パネルから 1 つ以上のフォルダ、コレクション、またはその他のタイプのアセット グループを選択すると、アセット ビュー パネルで選択したコンテンツが表示されます。

Sources Panel in the Content Browser

ソース パネルの表示/非表示を切り替える

コンテンツ ブラウザの右上にある [Settings (設定)] メニューの [Show Sources Panel (ソース パネルを表示)] オプションの有効/無効を切り替えることで、ソース パネルを開いたり、閉じたりすることができます。この操作により、アセット ビュー でアセットを操作するスペースを確保できます。

ソースを追加/削除する

ソース パネルには、デフォルトで、まず次の 2 つのアセット ソースが表示されます。

  • Unreal Engine プロジェクト内のすべてのフォルダの階層リスト。プロジェクト名 でグループ化されています。

  • 現在のプロジェクトのアセット コレクション のアルファベット順のリスト。

また、次のアセット ソースを追加できます。

ソース

コンテンツ

追加方法

Favorites (お気に入り)

アセット ビューでアセットを右クリックし、コンテキスト メニューから [Add To Favorites (お気に入りに追加)] を選択してお気に入りとしてマークしたアセット。

[Settings (設定)] メニューから [Show Favorites (お気に入りを表示)] オプションを有効にします。

C++ Classes folder (C++ クラス フォルダ)

Unreal Engine のすべての C++ クラスのブラウズ可能な階層。

[Settings (設定)] メニューから [Show C++ Classes (C++ クラスを表示)] オプションを有効にします。

Developers folder (デベロッパー フォルダ)

マルチユーザー プロジェクトで他のデベロッパーと共同で作業するために使用するフォルダ。詳細については、

[「Developers」フォルダ](understanding-the-basics/collaboration/developers-folder)
ページを参照してください。

[Settings (設定)] メニューから [Show Developers Content (デベロッパー コンテンツを表示)] オプションを有効にします。

Engine Content folder (エンジン コンテンツ フォルダ)

各種コンテンツおよび機能を持つストック アセットのコレクション。

[Settings (設定)] メニューから [Show Engine Content (エンジン コンテンツを表示)] オプションを有効にします。

Plugin-specific content folders (プラグイン固有のコンテンツ フォルダ)

Unreal Engine の各種プラグインによって追加された「コンテンツ」フォルダ。

[Settings (設定)] メニューから [Show Plugin Content (プラグイン コンテンツを表示)] オプションを有効にします。

Localized content (ローカライズ コンテンツ)

L10N/」フォルダのローカライズされたコンテンツ。

[Settings (設定)] メニューから [Show Localized Content (ローカライズ コンテンツを表示)] オプションを有効にします。

ソースベースのアセット表示

アセット ビュー には、現在選択されているソースのアセットが表示されます。検索やフィルタを使用して、アセット ビューに表示するアセットをより細かくコントロールすることができます。

複数のフォルダのアセットを表示するには、検索するフォルダをすべて選択する必要があります。複数のフォルダを選択するには、次のマウスとキーの組み合わせを使用することができます。

  • 左クリック。現在の選択範囲がクリックしたフォルダに置き換わります。

  • Shift + 左クリック。始点と終点の間のフォルダの範囲を選択します。

  • Ctrl + 左クリック。個々のフォルダを選択または選択解除します。

右クリックすると表示されるコンテキスト メニュー

ソース パネルのフォルダを 右クリック すると、次のコンテキスト メニューが表示されます。

オプション

説明

New Folder (新規フォルダ)

現在選択されているフォルダの子として新しいフォルダを作成します。

Show in New Content Browser (新規コンテンツ ブラウザで表示)

このフォルダをコンテンツ ブラウザの新しいウィンドウで開きます。一度に最大 4 つのインスタンスのコンテンツ ブラウザ (コンテンツ ドロワーは除く) を開くことができます。

Folder Options (フォルダ オプション)

Add/Import Content (コンテンツの追加 / インポート)

このサブメニューは、コンテンツ ブラウザのナビゲーション バーにある [Add (追加)] ボタンと同じ機能を提供します。現在選択されているフォルダのアセットをインポートしたり、新規に作成したりする場合に使用します。

Show in Explorer (エクスプローラーで表示する) (Windows) / Show in Finder (Finder で表示する) (macOS)

Windows エクスプローラー (Windows) または Finder (macOS) で、フォルダを開きます。

Rename (名前変更)

フォルダ名を変更できるように、編集可能な状態にします。Enter キーを押すと変更が保存され、Escape キーを押すと名前変更がキャンセルされます。

Add to Favorites (お気に入りに追加)

[Favorites (お気に入り)] セクションにフォルダを追加します。

Set Color (カラーを設定)

整理できるように、選択したフォルダの色を設定します。

Bulk Operations (一括操作)

Save All (すべて保存)

現在のフォルダにある変更されたすべてのアセットを保存します。

Resave All (すべてを再保存)

現在のフォルダ内のすべてのアセットを、変更の有無にかかわらず保存します。

Delete (削除)

現在のフォルダとその内容をすべて削除します。

Fix Up Redirectors in Folder (フォルダでリダイレクタを修正)

選択したフォルダ内のすべてのリダイレクタの参照先を見つけ、可能な場合保存してから、すべての参照先が修正されたリダイレクタを削除します。

Migrate (移行)

このフォルダ内にあるアセットと、その依存関係を別のプロジェクトの「Content」フォルダにコピーします。詳細については、「

[アセットを移行する](understanding-the-basics/assets/migrating-assets)
」ページを参照してください。

Reference Viewer (参照ビューア)

フォルダの参照のグラフを表示します。詳細については、「アセットの参照を見つける」ページを参照してください。

Size Map (サイズ マップ)

このフォルダ内のアセットとアセットが参照する要素すべてが使用するおおよそのメモリのインタラクティブなマップを表示します。

Audit Assets (アセットの監査)

[Assets Audit (アセット監査)] ウィンドウを開き、現在のフォルダのアセットに関する詳細情報を表示します。フィルタを使用すると、このウィンドウに表示される情報を、さらに絞り込むことができます。

Shader Cook Statistics (シェーダー クック統計情報)

シェーダー クックに関連する統計情報を表示します。

Validate Assets in Folder (フォルダ内のアセットを検証)

フォルダ内に含まれるアセットを検証し、問題のあるアセットにフラグを立てます。

Source Control (ソース コントロール)

Connect to source control (ソース コントロールに接続)

フォルダをソース コントロールに接続します。フォルダをソース コントロールに接続したら、次の操作が使用可能になります。

Check Out (チェックアウト)

選択したフォルダをチェックアウトとしてマークし、他のユーザーが編集できないようにロックします。

Mark for Add (追加のマーク)

選択したフォルダをソース コントロール サーバーに追加するためにマークします。

Check In (チェックイン)

すべての編集と追加を送信し、チェックアウトされたフォルダのロックを解除します。

Sync (同期)

このフォルダ内のすべてのアセットを最新バージョンと同期します。

この操作では、ローカルで行った変更がオーバーライドされることがあります。

オプション

説明

Move Here (ここに移動)

フォルダを新しい場所に移動し、元の場所から削除します。

Copy Here (ここにコピー)

コピー先のフォルダに選択したフォルダの複製を作成します。

Advanced Copy Here (ここに高度なコピー)

選択したフォルダの複製を、その依存関係も含めて、コピー先のフォルダに作成します。また、移動の結果破損した依存関係も修正します。