Unreal Editor のインターフェース

Unreal Editor のインターフェースの主要要素の概要

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

このページでは、Unreal Engine 5 インターフェース でよく使用する要素とその機能について説明します。また、詳細について参照できる他のページへのリンクも記載されています。パネル、メニュー バーなど、このページで説明している要素のいくつかは、通常、エンジンのさまざまな部分で同じものが使用されています。特に Unreal Engine を使用してゲームおよびアプリケーションを初めて開発する場合は、十分に時間をかけて、これらの要素の通常の目的および機能を理解する必要があります。

Unreal Engine 4.27 などの旧バージョンから Unreal Engine 5 にアップグレードする場合は、変更点の概要について、「新しい Unreal Editor インターフェースの操作方法」を参照してください。

Unreal Engine 5 を初めて開くと、レベル エディタ が開きます。次のウィンドウが表示されます。

番号

名前

説明

1

メニュー バー

これらのメニューを使用すると、エディタ固有のコマンドや機能にアクセスできます。

2

メイン ツールバー

Unreal Engine でよく使用されるツールやエディタへのショートカットのほか、[Play (プレイ)] モード (Unreal Editor 内でゲームを実行) への移行や、プロジェクトを他のプラットフォームへデプロイするためのショートカットが含まれています。

3

レベル ビューポート

カメラ、アクタ、スタティック メッシュなど、レベルのコンテンツが表示されます。

4

コンテンツ ドロワー ボタン

プロジェクトのすべてのアセットにアクセスできる コンテンツ ドロワー が開きます。

5

下部ツールバー

コマンド コンソール、アウトプット ログ、派生データ機能へのショートカットが含まれています。また、ソース コントロールのステータスも表示されます。

6

アウトライナ

レベル内のすべてのコンテンツの階層ツリー ビューを表示します。

7

詳細 パネル

アクタを選択すると表示されます。アクタの トランスフォーム (レベル内の位置)、スタティック メッシュ、マテリアル、および物理の各設定など、さまざまなプロパティが表示されます。このパネルは、レベル ビューポートで選択した内容に応じて、異なる設定が表示されます。

メニュー バー

A menu bar in Unreal Editor

Unreal Engine の各エディタには、メニュー バー があります。メニューバーは、エディタ ウィンドウの右上 (Windows) または画面上部 (macOS) に配置されています。File (ファイル)Window (ウィンドウ)、および Help (ヘルプ) などの一部のメニューは、レベル エディタだけでなく、すべてのエディタ ウィンドウにあります。その他は、エディタ固有のメニューです。

メイン ツールバー

メイン ツールバー には、Unreal Editor でよく使用されるツールやコマンドへのショートカットが含まれています。メイン ツールバーは、次の領域に分かれています。

The Main Toolbar in Unreal Editor

1. 保存ボタン

このボタンをクリックすると、現在開いているレベルを保存できます。

2. モードの選択

レベルでコンテンツを編集行うための以下の各種モードを、すばやく切り替えるショートカットが含まれています。 Level:

  • 選択編集

  • ランドスケープ編集

  • フォリッジ編集

  • メッシュ ペインティング

  • フラクチャ編集

  • ブラシ編集

3. コンテンツのショートカット

レベル エディタでよく使用するコンテンツを追加したり、開いたりするためのショートカットが含まれています。

ショートカット

説明

Create (作成)

よく使用するアセットのリストから、レベルにアセットをすばやく追加できます。また、このメニューから [Place Actors (アクタの配置)] パネルにもアクセスできます。

Blueprints (ブループリント)

ブループリントを作成して、アクセスできます。

Cinematics (シネマティクス)

レベル シーケンスまたはマスター シーケンス シネマティックを作成します。

4.プレイ モードのコントロール

エディタでゲームを実行するためのショートカット ボタン (プレイ、スキップ、停止、イジェクト) が含まれています。

5.Platforms (プラットフォーム) メニュー

デスクトップ、モバイル、コンソールなど、プロジェクトの設定、準備、および各種プラットフォームへのデプロイに使用できる一連のオプションが含まれています。

6. Settings (設定)

Unreal Editor、レベル エディタ ビューポート、ゲームの動作に関する各種設定が含まれています。

レベル ビューポート

レベル ビューポート には、現在開いているレベルのコンテンツが表示されます。Unreal Engine でプロジェクトを開くと、デフォルトで、そのプロジェクトのデフォルトのレベルが、レベル ビューポートに表示されます。レベル ビューポートでは、ゲーム環境、製品ビジュアライゼーション アプリなど、アクティブなレベルのコンテンツを表示および編集することができます。

レベル ビューポートは、通常、次の 2 通りの方法でレベルのコンテンツを表示することができます。

  • Perspective (パースペクティブ)。ビューポートのコンテンツをさまざまな角度から確認するために操作できる 3D ビューです。

  • Ortographic (平行投影)。主要な軸 (X、Y、Z) のいずれかに沿った上から 2D ビューです。

レベル ビューポートの詳細については、以下のページを参照してください。

コンテンツ ドロワー/コンテンツ ブラウザ

コンテンツ ブラウザ は、プロジェクトに含まれるすべてのアセット、ブループリント、およびその他のファイルを表示するファイル エクスプローラ ウィンドウです。コンテンツ ブラウザを使用すると、コンテンツのブラウズ、レベルへのアセットのドラッグ、プロジェクト間でのアセットの移行などを行うことができます。

Content Browser window in Unreal Engine 5

Unreal Engine 5 のコンテンツ ブラウザ ウィンドウ。

Unreal Editor の左下にある [Content Drawer] ボタンをクリックすると、コンテンツ ブラウザの特別なインスタンスである、コンテンツ ドロワーが表示されます。コンテンツ ドロワーは、フォーカスを失うと (つまり、コンテンツ ドロワー外の要素がクリックされると) 自動的に最小化されます。コンテンツ ドロワーを開いたままにするには、コンテンツ ドロワーの右上にある [Dock in Layout (レイアウトにドッキング) ボタンをクリックします。これにより、コンテンツ ブラウザの新しいインスタンスが作成されます。ただし、引き続き新しいコンテンツ ドロワーを開くこともできます。

下部ツールバー

下部ツールバーには、コマンド コンソール、アウトプット ログ、派生データ機能へのショートカットが含まれています。また、ソース コントロールのステータスも表示されます。下部ツールバーは、次の領域に分かれています。

The Bottom Toolbar in Unreal Engine 5

番号

名前

説明

1

アウトプット ログ

アプリケーションの実行中に役立つ情報を出力するデバッグ ツールです。

2

コマンド コンソール

次のように、他のコマンドライン インターフェースと同じように動作します。コンソール コマンドを入力すると、エディタの特定の動作をトリガーします。

ブラウザで使用可能なコンソール コマンドのリストを開くには、help と入力して、Enter キーを押します。

3

派生データ

派生データ機能を提供します。

4

ソース コントロールのステータス

プロジェクトがソース コントロール (GitHub、Perforce など) に接続されている場合、ソース コントロールのステータスを表示します。その他の場合は、Source Control Off (ソース コントロール オフ) と表示されます。

アウトライナ

[Outliner (アウトライナ)] (旧[World Outliner (アウトライナ)]) は、レベル内のすべてのコンテンツを階層的に表示するパネルです。デフォルトでは、Unreal Editor ウィンドウの右上にあります。

Outliner panel in Unreal Engine 5

[Outliner] パネルを使用すると、以下の操作を実行できます。

  • 関連付けられている ボタンをクリックすることで、アクタの表示/非表示をすばやく切り替えることができる。

  • アクタを右クリックすることで、アクタの コンテキスト メニュー にアクセスできる。アクセスできたら、コンテキスト メニューからアクタ固有の追加操作を実行できます。

  • コンテンツ フォルダを作成、移動、削除できる。

詳細パネル

レベル ビューポートでアクタを選択すると、選択したアクタに影響する設定およびプロパティが [Details] パネルに表示されます。このパネルは、デフォルトでは、Unreal Editor ウィンドウの右側の [World Outliner] パネルの下にあります。

タグ