コンソール変数トラック

コンソール変数トラックを使用し、リアルタイムのシネマティックでレンダリング設定やその他のコンソール変数トラックを調整します

コンテンツ

シネマティック シーケンスによっては、コンソール変数を使用して、レンダリング設定 (またはその他の設定) を調整する必要性を感じる場合があるでしょう。コンソール変数トラック を使用し、これを行うことができます。トラック形式でのコンソール変数の編集は、リアルタイムのプロジェクトやシーケンスの途中で変更が必要な場合に役立つ場合があります。シーケンスをレンダリングしている場合は、代わりに ムービー レンダー キュー のグローバルまたはショット単位の コンソール変数レンダリング設定 を使用します。

前提条件

シーケンサー およびその インターフェース を理解していること。

作成する

シーケンスにコンソール変数トラックを追加するには、 [Track (+)] ドロップダウンをクリックし、 [Console Variable Track (コンソール変数トラック)] を選択します。

create console variable track

コンソール変数トラックは、 セクション を使用し、コンソール変数を一定の時間範囲に適用することで機能します。コンソール変数セクションを作成するには、トラックにある [Section(+)] をクリックします。ほとんどのセクションと同様、コンソール変数セクションは、タイムライン領域内でトリミング、ループ、および移動が可能です。

add console variable section

使用方法

コンソール変数をセクションの持続時間中に実行するには、セクションで右クリックし、 [Properties (プロパティ)] > [Console Variables] プロパティを見つけます。

console variable properties

[Console Variables] プロパティに対し、その横にあるフィールドに入力することで、コンソール変数を追加できます。複数の変数を 1 つのセクションに追加するには、テキスト フィールド内の各変数を コンマ (,) で区切ります。

console variable example

変数がセクションに追加されたら、シーケンスをスクラブまたは再生し、エフェクトをプレビューできます。通常のデフォルトのセクションの動作と同様に、セクションの終了時に以前のコンソール変数値が復元されます。

console variable results

タグ
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
キャンセル