クラスビューアー

Unreal Engine クラスを調べて子クラスを作成するためのツール。

Unreal Engine の クラスビューアー は次の作業に使用します。

  • エディタで使用するクラスの階層リストを調べる。

  • ブループリントを作成して開く。

  • 関連付けられた C++ ヘッダ ファイルを開き、特定のクラスに基づいて新しい C++ クラスを作成する。

クラスビューアーを開く

クラスビューアーを開くには、Unreal Engine のメイン メニューから [Tools (ツール)] > [Class Viewer (クラスビューアー)] を選択します。

クラスビューアーのインターフェース

Class Viewer window

クラスビューアーのインターフェースは以下の領域で構成されています。

番号

名称

説明

1

フィルタと検索バー

[Filters (フィルタ)] ドロップダウンを使って、表示されるクラスを以下のタイプ (1 つまたは複数) に制限できます。

  • アクタ

  • 配置可能なアクタ

  • ブループリント基本クラス

クラスを名前で見つけるには 検索 バーを使用します。

2

設定ボタン

このボタンをクリックすると [Settings (設定)] メニューが開き、次の操作を実行できます。

  • すべてのクラスを展開または折りたたむ。

  • 内部クラスを表示または非表示にする。

  • 「Developer」フォルダを使用する別のデベロッパーからのクラスを表示する。

3

クラス ビュー

選択した条件を満たすすべてのクラスが表示されます。

クラスを操作する

Expanding classes

クラスに子供が含まれる場合は、クラス名の左側にあるドロップダウン矢印 (1) をクリックすると、そのクラスの子供が表示されます。

クラス名の右側にあるドロップダウン矢印 (2) をクリックするか、そのクラス名を右クリックすると、次のオプションを含むコンテキスト メニューが開きます。

クラスで実行可能なオプションは、クラスのタイプ (ブループリントまたは C++) によって異なります。

オプション

ブループリント クラス

C++ クラス

Create Blueprint (ブループリントを作成)

選択したブループリントを親に持つブループリントを新しく作成します。

選択したブループリントを親に持つブループリントを新しく作成します。

Edit Blueprint (ブループリントの編集)

選択したブループリントを ブループリント エディタ で開きます。

該当なし

Find in Content Browser (コンテンツブラウザで検索)

コンテンツブラウザ 内でブループリント アクタを検索します。

該当なし

Open Source Code (ソースコードを開く)

該当なし

Visual Studio でクラスヘッダ ファイルを開きます。

Create New C++ Class (新規 C++ クラスを作成)

該当なし

C++ クラス ウィザード を起動して、選択したクラスを親クラスとして新しいクラスを作成します。

クラスをドラッグアンドドロップする

ブループリントをクリックしてクラスビューアーからビューポートにドラッグし、現在開いているレベルに、そのクラスの新しいブループリント アクタを追加します。

また、クラスがコンボ ボックスに関連付けられているクラスの子である場合は、そのクラスをクラスビューアーから [Details (詳細)] パネルまたは [World Settings (ワールド セッティング)] ウィンドウ内のコンボ ボックスにドラッグすることもできます。たとえば、[World Settings] ウィンドウの [GameMode Override (ゲームモード オーバーライド)] コンボ ボックスには任意の GameMode 子クラスをドラッグできます。

クラスをコンボ ボックスにドラッグする際は、次の点に注意してください。

  • 未ロードのクラスはコンボ ボックスに表示されない。

  • クラスをコンボ ボックスにドロップすると、そのクラスが強制的にロードされます。

クラス ピッカーを使用する

コードのみを使って、クラスビューアーを クラス ピッカー モードに切り替えることができます。クラス ピッカーには、スタティックメッシュを変換したり、新しいブループリントの親を選択したりするものなど、利用可能なクラスがすべて表示されます。

クラス ピッカーを使用するには、Unreal Engine で C++ を使用する方法についての知識が必要です。

クラス ピッカーを設定する

クラス ピッカーの初期化に使用する FClassViewerInitializationOptions には、クラス ピッカーの動作を制御する以下のオプションが含まれています。

オプション

説明

Mode

デフォルトで ClassPicker に設定されています。

これを、通常のクラスビューアーをスポーンする ClassBrowsing に変更することもできます。クラスビューアーでは以下のオプションのほとんどが機能しないことに注意してください。

DisplayMode

次のオプションから選択できます。

  • TreeView - クラス間の親子関係を表示します。

  • ListView - クラスのシンプルなリストを表示します。

以下のフィルタを使って、クラス ピッカーにどのクラスを表示するかを設定できます。

フィルタ

説明

bIsActorsOnly

AActor の子であるクラスのみを表示します。

bIsPlaceableOnly

レベル内に配置可能なクラスのみを表示します。これが true の場合は、bIsActorsOnlytrue であると想定されます。

bIsBlueprintBaseOnly

ブループリント基本クラスのみを表示します。ブループリントを作成できるクラスのみを表示したい場合に便利です。

bShowUnloadedBlueprints

カスタム仕様のフィルタによって親が除外されている場合でも、その未ロードのブループリントを表示します。

bShowNoneOption

クラス ピッカーに [None (なし)] オプションを表示します。クラスビューアーには影響を及ぼしません。ユーザーが項目を選択すると、NULL クラスがパスされます。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
キャンセル