glTF ファイルをインポートする

glTF ファイルを Unreal Engine にインポートする方法

glTF のコンテンツを、他のタイプのコンテンツをインポートするのと同様に Unreal Engine にインポートします。シーン全体をエクスポートすることも、特定のアセットをエクスポートすることもできます。

次の glTF 形式をインポートできます。

形式

説明

JSON

.gltf

ユーザーが指定したディレクトリに個別に保存されている以下の要素が含まれています。

  • シーンの完全な記述: JSON 形式で人間が読める UTF-8 のテキスト ファイルとして .gltf 拡張子付きで保存されています。

  • テクスチャ ファイル: ユーザーが指定した形式 (.png.jpeg など) で保存されています。

  • バイナリ データ ファイル:.bin 拡張子付きの個別の複数のファイルとして保存されています。

バイナリ

.glb

シーンの完全な記述、すべてのバイナリ データ、すべてのテクスチャが、単一の自己完結型バイナリ ファイルにまとめられます。

glTF ファイルから個別のアセットをインポートする

glTF アセットを、他のアセットをインポートするのと同様に Unreal Engine にインポートできます。

  1. コンテンツ ブラウザ で次のいずれかを実行します。

    • [+Add (+追加)] メニューにある [Import to (インポート)] コマンドを使用します。詳細な手順については、「コンテンツ ブラウザからインポートする」を参照してください。

    • glTF アセットをコンテンツ ブラウザにドラッグ アンド ドロップします。詳細な手順については、「ドラッグ アンド ドロップを使用してインポートする」を参照してください。 どちらのワークフローを使用しても、[Interchange Pipeline Configuration (Import Content) (交換パイプラインコンフィギュレーション(コンテンツのインポート))] ダイアログ ボックスが開きます。

  2. 必要に応じてインポート オプションを設定してから、[Import (インポート)] をクリックします。

glTF シーンを Unreal Engine のレベルにインポートする

glTF シーン全体を、FBX などの他のシーン形式の場合と同様のシーン インポートのワークフローを使用して Unreal Engine にインポートできます。

  1. メインメニューで、[File (ファイル)] > [Import Into Level (レベルにインポート)] を選択します。

  2. インポートするシーンが入っている .gtlf または .glb ファイルを選択し、[Open (開く)] をクリックします。

    [Choose location for importing scene content (シーンコンテンツのインポート先を選択)] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. Unreal Engine プロジェクト内のインポート先フォルダを選択し、[OK] をクリックします。

    [Interchange Pipeline Configuration (Import Content)] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. 必要に応じてインポート オプションを設定してから、[Import (インポート)] をクリックします。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
キャンセル