Simulation Sandbox テンプレート

Unreal Engine の Simulation Sandbox テンプレートについて説明します。

Simulation Sandbox テンプレート は、すでに特定の機能が備わっている Simulation Blank テンプレート をベースとしています。

デフォルト レベルには、さまざまなシミュレーション モデルのテスト/検証に特化した、次のようなさまざまなエリアが含まれています。

  • キャラクター

  • ビークル (乗り物)

  • 航空機

  • 範囲

このテンプレートには、Epic の Third Person および Vehicles テンプレートの事前に位置付けられたいくつかのポーンが含まれています。これらのポーンは、Unreal Engine 5 のユーザー入力を処理する方法として推奨されている、新しい Enhanced Input system を利用しています。開発を加速させるために、これらのポーンを置き換えたり独自のポーンを追加したりしてみてください。

レベル ジオメトリで使用するマテリアルには、次の測定単位のメトリック グリッドが含まれています。

  • フロアのチェッカーボード セルは 1 メートル幅です。

  • グリッド マテリアルには、サイズが 1 メートルのプライマリ グリッドと 20 センチのセカンダリ グリッドが含まれています。

キャラクター エリア

画像をクリックするとフルサイズで表示されます。

キャラクターのロコモーション (歩行、ジャンプ、足の配置など) が期待どおりになっているかどうかをチェックするには、キャラクター エリアを使用します。

テレイン機能

目的と注記

Characters Area Ramps スロープとステップ

ステップを歩いているときのキャラクターのロコモーションのアニメーションが正しいかどうか、およびキャラクターがさまざまな勾配のスロープを登れるかどうかをチェックします。

Characters Area Rocks

キャラクターが、サイズや形状が均等でない岩の上を歩いたり、そのような岩に登ったりできるかどうかをチェックします。

Characters Area Platforms プラットフォーム

キャラクターが、さまざまな高さや間隔の値が設定されたプラットフォームを飛び越えられるかどうかをチェックします。

Characters Area Stairs 階段

さまざまなサイズの階段を歩いているときのキャラクターの動作をチェックします。

これらの階段はブループリントから自動的に生成され、各階段のプロパティは編集することが可能です。

ビークル エリア

画像をクリックするとフルサイズで表示されます。

トラック上やさまざまなテレインを処理しているときのビークルの動作をテストするには、ビークル エリアを使用します。

テレイン機能

目的と注記

Vehicles Area Race Track レース トラック

ビークルのステアリング動作と一般的な動作をテストできる、10 メートル幅のレース トラックです。

レース トラックは、スプラインから自動的に生成されます。スプラインを選択して制御点を編集し、各自のテストのニーズに合わせて変更することが可能です。

Vehicles Area Bumpers バンパー

ビークルのサスペンション動作をテストできる、さまざまな標準的な形状やサイズのバンパーが用意されているエリアです。

Vehicles Area Ramps 斜面

ビークルの運動力をチェックできる、さまざまな勾配のスロープがある斜面です。スロープの値に応じて自動的に色付けされます。

斜面は、スロープ、幅、長さから自動的に生成され、各自のテストのニーズに合わせてカスタマイズすることが可能です。

Vehicles Area Mountain

起伏のあるテレインを走行するときのビークルの動作をテストできる、道路が縦貫しているオフロード エリアです。

航空機エリア

画像をクリックするとフルサイズで表示されます。

航空機エリアには、一般的なサイズの滑走路とヘリポートが含まれています。

これらの機能で使用されるマーキング マテリアルは、この DevCommunity のチュートリアル で使用されていたものと同じです。このマテリアルをプロジェクトにインポートすれば、標識の可視性を向上させることができます。

スケール エリア

画像をクリックするとフルサイズで表示されます。

スケール エリアには、いくつかの範囲インジケーターおよびルーラーが含まれています。このエリアの目的は、特定の範囲におけるアクタのサイズと可視性を検証することにあります。

テレイン機能

目的と注記

Scales Area Range indicators 範囲インジケーター

範囲インジケーターを使用して、特定の距離にあるエンティティのサイズと可視性をチェックします。これは、詳細度を調整したり、目で識別できる距離をチェックしたりするのに役立ちます。

スケール インジケーターはブループリントによって自動的に生成されるため、各自のニーズに合わせて距離を変更してください。参照原点はエリアの原点にあります。

Scales Area Vertical ruler 垂直ルーラー

各範囲インジケーターには、垂直ルーラー グリッド、1m の赤色のプライマリ グリッド、および 10cm の灰色のセカンダリ グリッドが含まれており、これを使用することでモデルのサイズをすばやくチェックしたり比較したりできます。

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
キャンセル