C++ クラス ウィザード

Unreal Engine の C++ クラス ウィザードの概要

Choose your operating system:

Windows

macOS

Linux

C++ Class Wizard では、独自の機能で拡張するために、ネイティブ C++ コードクラスを 高速かつ簡単に追加することができます。コンテンツのみのプロジェクトをコードプロジェクトへ変換することができます。C++ Class Wizard を利用することができます。

Visual Studio をセットアップする」を参照し、互換性のあるバージョンの Visual Studio がインストールされていることを確認してから作業を始めてください。 Xcode の正しいバージョンについては、「Unreal Engine Release Notes」を参照してください。

  1. メインエディタで File > New C++ Class... の順に選択します。

    Open a new CPP class from the menu bar.

  2. [C++ Class Wizard] に一般的に追加されるクラスが表示されます。探しているクラスが見つからない場合、クラスの階層リスト全体を表示する必要があります。ウィンドウの右上隅にある [Show All Classes] チェックボックスをクリックします。

    一般的なクラス

    すべてのクラス

  3. 追加するクラスを選択します。このデモでは、新しい Actor クラスを作成するために選択します。Actor クラスを選択し、[Next (次へ)] をクリックします。

  4. 新しいクラスの 名前 の入力を求められます。名前を入力して [Create Class] をクリックします。ヘッダファイル (.h) とソースファイル (.cpp) が作成されました。

    クラス名には英数字のみを使用してください。スペースを含むことはできません。無効な名前を入力すると、通知が表示されます。

  5. Unreal Engine では、Live Coding はデフォルトで有効になっています。[Live Coding] ウィンドウが開き、作成された新しいクラス ファイルをコンパイルします。

  6. Visual Studio で直接コードが開いて編集が可能となります。

    code-in-vs.png

    Xcode で直接コードが開いて編集が可能となります。

    CodeEditing_xcode.png

編集終了時のクラスのコンパイルに関する説明は、「プロジェクトのコンパイルのドキュメント」を参照してください。

タグ
このページは Unreal Engine の前のバージョン用です。現在リリースされている Unreal Engine 5.1 に対して更新は行われていません。
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
キャンセル