VectorOps マテリアル関数

フレネル効果などのベクトルの計算の処理に作成された関数

コンテンツ

VectorOps カテゴリには、さまざまなベクターベースの数学方程式を適用する特別な間定理ある関数が含まれています。

Fresnel(フレネル)

通常の Fresnel 式ノードとは異なり、フレネル マテリアル関数により独自のベクターセットを指定して方程式の計算が可能とし、他の調整もブレンドへ適用します。

アイテム

説明

入力値

Normal Vector (Vector3)

Fresnel 演算で使用される最初のベクターです。通常は、これは表面法線です。

Camera Vector (Vector3)

カメラ方向のベクトルです。

Invert Fresnel (StaticBool)

結果を得るための法線の計算方法を反転させることによって、演算を反転させます。

Power (Scalar)

この値は、コアとエッジ間でカラーがどれだけの速さでフォールオフするかを制御します。

Use Cheap Contrast (StaticBool)

フレネル演算の結果のコントラスト効果を上げるCheapContrast関数を有効にします。

Cheap contrast dark (Scalar)

負荷の小さいコントラストの使用時に、結果として表示される暗い部分の値を制御します。負荷の小さいコントラストの未使用時は効果がありません。

Cheap contrast bright (Scalar)

負荷の小さいコントラストの使用時に、結果として表示される輝度値の量を制御します。負荷の小さいコントラストの未使用時は効果がありません。

Clamp Fresnel Dot Product (B)

Fresnel Dot Product の結果を 0 と 1 の間でクランプします。これはデフォルトでは true ですが、false に設定した Static Bool でオーバーライドすることができます。

Using a Static Bool to invert the Fresnel effect.

Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
キャンセル