頂点カラー マテリアル

このページでは、頂点カラーを利用するマテリアルを設定して、メッシュ ペイント モードで色をペイントする方法を説明します。

頂点カラー マテリアル式から色を使用する方法は無数に存在します。ここでは、比較的シンプルな設定にとどめておき、既存のマテリアルへの色の重ね合わせのみ行います。これによりオリジナル テクスチャが配置されますが、Mesh Paint ツールで色合いを付けることが出来ます。まずはじめに、こちらがサンプルのメッシュです。

statue.png

これをペイントできるようにするには、頂点カラーのマテリアル式をネットワークに組み込む必要があります。そのベース マテリアル ネットワークは次のようになります。

画像をクリックするとフルサイズで表示されます。

このマテリアルは少し彩度を落としています。そうすることで、メッシュ ペイント ツールを使用してもっと色を追加できるようになっています。

頂点カラーをマテリアルに反映するには、ベース カラー接続をインターセプトして、次のように頂点カラー表現の RGB 値を増やすだけです。

画像をクリックするとフルサイズで表示されます。

コメントエリア内で Multiply ノードと対応する Vertex Color (頂点カラー) ノードを追加した場所を確認できます。

メッシュ ペイント モードに切り替えるときは、以下に示すように Mode Toolbar[Colors] タブを選択するようにしてください。

color-paint-settings.png

次に、メッシュにペイントすると次の結果が生成されます。

color-painting.png

このページは Unreal Engine の前のバージョン用です。現在リリースされている Unreal Engine 5.1 に対して更新は行われていません。
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
キャンセル