バーチャル カメラ

Unreal のバーチャル カメラは、モジュラー コンポーネント システムを使用して Unreal 内部でシネカメラを動かして、カメラデータを操作し、その結果をさまざまな外部出力プロバイダーに出力するために使用されます。

Windows
MacOS
Linux

バーチャル カメラ は、モジュラー コンポーネント システムを使用して Unreal Engineシネカメラ を動かして、カメラデータを操作し、その結果をさまざまな外部出力プロバイダーに出力するために使用されます。

バーチャル カメラ コンポーネント (VCamComponent) は、Unreal Engine でカスタム バーチャル カメラのビルドを可能にするベース コンポーネントです。

VCamComponent を使って、ユーザーは モディファイア出力プロバイダー を追加することで、Unreal Engine 内部でシネカメラを動かすことができます。

モディファイアは、フィルタリング、トラッキング、オートフォーカスなどのカスタム エフェクトでカメラ データを操作します。出力プロバイダーは、バーチャル カメラの出力を ComposureMedia Framework、エディタのビューポート、または Unreal Remote アプリを実行しているあらゆるデバイスにルーティングします。

また、この新しいアーキテクチャには次のものが含まれます。

  • すべての機能をサポートするマルチユーザー エディタ。

  • カスタム UMG コントロールを出力にオーバーレイし、エディタまたはデバイスでそれらとインタラクトする機能。

  • タッチスクリーンに加えて、コントローラーやその他のハードウェア入力に対応するためのビルトイン サポート。

  • Live Link を使用して任意のカスタム トラッキング システムに切り替える機能。

  • Unreal Remote アプリの更新による新しい UI と改善されたストリーミング パフォーマンス。

このページは、バーチャル カメラ コンポーネントを使用してカスタム カメラをビルドする方法のクイックスタートや、エンジン付属の組み込みのバーチャル カメラの概要など、バーチャル カメラ システムに関するドキュメントにリンクしています。

Select Skin
Light
Dark
Unreal Engine のドキュメントを改善するために協力をお願いします!どのような改善を望んでいるかご意見をお聞かせください。
調査に参加する
閉じる

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信