12. タスクの作成

ステップ 12. タスクの作成

Windows
MacOS
Linux
On this page

Task ノードは、AI を移動するなどのように何かを "実行する"、あるいは Blackboard 値を調整するノードです。デコレーター をアタッチすることができます。

Task ノードは基本的には Move To ノードを再作成したものです。大きな違いは、Task ノードは常に AI を、その位置ではなくプレイヤーの Pawn に向かって走らせることです。また、内容を細かく分けるのに役立ち、Finish Execute を実行しないと Task ノードが処理を継続するようにし、AI MoveTo ノードがこれを完璧に示します。

ステップ

  1. コンテンツ ブラウザ で FollowerBT Behavior Tree を ダブルクリック して開きます。

  2. [New Task (新規タスク)] ボタンをクリックします。

    ビヘイビアツリーと同じフォルダ内に作成されます。

  3. コンテンツ ブラウザ 内で名前を「RapidMoveTo」に変更します。

  4. 編集のためにエディタによって既に開いているはずですが、そうでない場合は コンテンツ ブラウザダブルクリック してください。

  5. 次のグラフを作成します。

    Copy Example

    画像をクリックして拡大、または こちら をクリックしてウィンドウ内で開きます。

    variables.png

    このブループリントの変数名、型、値です。

    変数名

    AI_CON_Ref

    Follower_AI_CON_C

    None

    TargetToFollow

    BlackboardKeySelector

    None - ただしこの変数には True に設定している「編集可能な」フラグがあるので、ビヘイビアツリー上でインスタンス毎に変更することができます。

このグラフでは、以下のことが行われています。

  1. Event Receive Execute は、ビヘイビアツリーがこのタスク ノードを実行すると呼び出されるイベントです。

  2. これまでのステップで行ってきたように Follower_AI_CON を格納します。

  3. Cast to Actor がブラックボードから "TargetToFollow" オブジェクトの値を引き出しアクタにキャストするので、 AI MoveTo ノードで使用することができます。

  4. 成功すると、タスクは正常に Finish Execute を実行します。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback