Camera アクタ

エディタでカメラを配置および使用するためのガイド

Windows
MacOS
Linux

CameraActorHeader.png

プロジェクトにはすべて表示方法が必要です。最も基本的なものは Camera アクタ を使った方法です。Camera アクタは主に、 マチネ と組み合わせて使われますが、ブループリントや C++ と使用すれば固定カメラゲーム、セキュリティ カメラ、またはカメラ アニメーションを使った短いカットシーンの作成まで可能になります。

Camera アクタ (または、カメラ コンポーネントを含むブループリント) を選択すると、メインの 3D ビューポートに (上の画像のような) カメラからの「ピクチャーインピクチャー」ビューが表示されます。

Camera アクタを配置する

Camera アクタは、[Mode (モード)] パネルの [All Classes (すべてのクラス)] カテゴリにあります。Camera アクタをワールドに配置するには、[Mode] パネルからゲームワールドにドラッグします。

Camera アクタを使用する

Camera アクタの使用方法は簡単です。 [Modes] パネルで選択してワールド内へドラッグするだけです。Camera アクタをワールドに配置すると、ブループリントやマチネと併用して、レベル用の視点として使うことができます。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信