Target Point アクタ

Target アクタの作成と使用に関するガイド

Windows
MacOS
Linux

Target_Point_Actors.png

ゲームのワールドを作成する場合、プレイヤーがインタラクションするワールドのアイテムを配置し、スポーンする機能が必要になる場合があります。Target Point アクタ はまさにこれを行います。アイテムをスポーンできる汎用ポイントを提供します。3Ds Max や Maya などの他の 3D アプリケーションを使い慣れている場合、Target Point アクタはこうしたプログラムのダミー アクタに非常に似ています。

Target Point アクタを配置する

Target Point アクタは、[Modes (モード)] パネルの [All Classes (すべてのクラス)] カテゴリにあります。Target Point アクタをワールドに追加するには、[Modes] パネルから選択して、ワールドにドラッグします。

Target Point を使用する

Target Point アクタを使用すると、UE4 であらゆるタイプのことができます。以下は Target Point アクタを使用できるものの一部です。

  • シネマティック シーケンス中のカメラの Look-at ターゲット

  • AI エージェントのパス ポイント

  • VFX のスポーン ポイント

  • ヘルスやアイテムのピックアップなどのスポーンポイント

  • ワールドにアイテムを配置する / 配置すべき場所の視覚的手がかり

以下は、ブループリントでスポーン ポイントとして Target Point アクタがどのように使用されたかを示した例です。

Target_Point_As_Spawn.png

ブループリント内で Target ポイントノードを使用する方法の詳細例については、ブループリントでアクタをスポーン/破壊する方法 のチュートリアルをご覧ください。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信