アクタとジオメトリ

アクタの定義および配置と操作テクニックを含む、レベル デザインにおけるアクタの使用方法

Windows
MacOS
Linux

アクタ は、レベル内へ配置可能な任意のオブジェクトです。トランスレーション、回転、スケーリングなどの 3D 変形をサポートする汎用クラスです。アクタはゲームプレイ コード (C++ またはブループリント) を通して作成 (スポーン)、破壊することができます。C++ において AActor は全てのアクタの基本クラスになります。

様々なタイプのアクタがあります。例えば、StaticMeshActor、CameraActor および、PlayerStartActor などがあります。

Light、Static Mesh、Particle System Emitter のアクタやその他、どのアクタのタイプをレベルで使用しても、作成方法とシーンでの操作方法に関する基礎が必要になります。

このプロセスには、アクタの配置、選択、位置決め、修正など必要不可欠な作業がいくつかあります。言い換えると、 レベルを作成するには、アクタをマップへ配置、移動して背景を作成します。 そして適切な外観や動きになるようにアクタのプロパティを修正します。

アクタの作業

アクタの種類

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信