動的アニメーションを作成する

AnimDynamics を使って物理ベースの補助的なアニメーションをキャラクターに適用します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

キャラクターの動きをいっそうリアルなものにするために、キャラクターが持っている物や着ているものに動的アニメーションを適用するという方法があります。 AnimDynamics を使うと、現実世界で動くと連動して動く部分が (髪、ネックレス、ブレスレット、刀、ポーチなど)、キャラクターが動くと連動して動きます。

この操作ガイドでは AnimDynamics をキャラクターに適用して以下のようなエフェクトを作ります。

上の画面ではキャラクターの首にぶら下がっているハーネス (harness) とファーネス (furnace) に AnimDynamics を適用します。キャラクターが動くとハーネス (harness) が少し動き、ファーネス (furnace) はそれよりも多めに前後に動きます。 動きの度合いは、AnimDynamics ノードの [Details (詳細)] パネルで調整して望ましいエフェクトにすることができます。コンストレイントを新たに追加してボーンがどのように動くかを操作することもできます。

AnimBlueprint とボーンを持つキャラクターを既に用意していて、AnimDynamics を操作する用意が整っていればステップ 2 に進むことができます。

ステップ

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信