ブレンドスペースの使用方法

Animation ブループリント内でブレンドスペースを使って出力ポーズを作ります。

Windows
MacOS
Linux

ブレンドスペースは、Animation ブループリントAnimGraphs にノードを配置して使用します。Animation ブループリントは、アニメーションのブレンドと最終アニメーション ポーズを操作する値のデータを取り込みます。

ロコモーションのブレンド用にブレンドスペースをセットアップする手順の説明については、ロコモーション ベースのブレンド の操作ガイドをご覧ください。

Blend Space ノードの追加

Blendspace ノードは、サンプルのパラメータ データへのアクセスと Blendspace のポーズの出力をします。

ドラッグ&ドロップを使用して BlendSpace ノードを配置する

  1. Animation ブループリントAnimGraph で、アセット ブラウザ でサンプリングするブレンドスペースを探します。

    SelectBlendSpace.png

  2. その上で左クリックをして、マウスを AnimGraph** へドラッグします。

    DragDropBlendSpace.png

  3. グラフ内で マウスの左ボタン をリリースして、BlendSpace ノードを配置します。

    BlendSpaceNodeAdded.png

コンテキスト メニューを使用して BlendSpace ノードを設置する

  1. AnimGraph で右クリックして、Blend Spaces (ブレンドスペース) を展開し、サンプリングする ブレンドスペース を選択します。

    AnimationContextMenu.png

  2. BlendSpace ノードがグラフに配置されました。

    BlendSpaceNodeAdded.png

サンプリングのパラメータ

アニメーションのブレンドを実行するために、Blend Space はサンプル パラメータに渡されたデータに依存します。 それぞれの BlendSpace ノードには、それぞれのサンプル パラメータに対する入力データ ピンがあります。これは、ブレンド スペースの編集 プロセス中に作成されます。 他のノードからの変数もしくは出力をこうしたピンに接続して、BlendSpace へ必要なデータを渡し、サンプル ポーズのブレンドを操作することができます。

Variable Input Data

Blend Space に渡される値は、通常は EventGraph での更新サイクル中に計算された変数、またはゲームプレイコードで計算された変数です。

Variable Input Data - Update Cycle

上の図は、Animation ブループリントの EventGraph で計算された Direction 変数と Speed 変数の例です。

出力ポーズ

最も簡単なケースでは、Blend Space ノードの Pose を出力するピンを、 AnimGraphResult ノードの Pose 入力ピンに接続します。

Output Pose - Result

より複雑なアニメーション チェーンが必要とされる場合、アニメーション ポーズを入力として受け取る他の入力ピンに接続することもできます。

Output Pose - Blend

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信