コントロールリグ シーケンス

コントロールリグ シーケンスを使用すると、プロパティをアニメートし、シーケンサ ツール内のキーフレームを通じてコントロールリグ アニメーションを動かすことができます。

Windows
MacOS
Linux

コントロールリグ ブループリントを作成したら、シーケンサを使用して、「コントロールリグ シーケンス」と呼ばれる特殊なシーケンスを通じてプロパティをアニメートできます。 アニメーションは、従来のアニメーション ソフトウェア パッケージと同様に、タイムラインのキー設定されたさまざまな値の間に補間を行うことで実現されます。

コントロールリグ シーケンスを作成する

コントロールリグ シーケンスを作成する方法

  1. 最初に、[Plugins (プラグイン)] メニューでコントロールリグ プラグインを有効にしたことを確認します。 

  2. コンテンツ ブラウザ[Add New (新規追加)] をクリックし、[Animation (アニメーション)] の下で [ControlRig Sequence (コントロールリグ シーケンス)] を選択して、任意の名前を付けます。
    CreateRigSequence.png

  3. [ControlRig Sequence] アセットをダブルクリックして、 シーケンサ でアセットを開きます。
    OpenRigSequence.png

  4. [Track (トラック)] ボタンをクリックし、 [Control Rig (コントロールリグ)] の下で目的の コントロールリグ ブループリント アセットを割り当てます。
    AssignRigBlueprint.png
    シーケンスが更新され、コントロールリグ ブループリントが追加されます。 [Modes (モード)] パネルも更新され、利用可能かつキー設定可能なプロパティが表示されます。
    ModesPanel.png

アクタをアニメート化する

コントロールリグ シーケンスが作成された状態でアクタをアニメートするには、コントロールリグ シーケンスに関連付けられたスケルタル メッシュをレベル内に配置し、[Modes] パネルの [Animation (アニメーション)] タブでターゲット アクタとして割り当てる必要があります。 

AssignedActor.png

[Units (ユニット)] セクションに、キー設定可能なプロパティが表示されます。このプロパティは、キーフレーム化する目的のプロパティの隣にある [Add Key (キーの追加)] アイコンをクリックすることで追加できます。 

クリックして拡大

これで、コントロールリグ シーケンスの指定した時間に、そのプロパティのキーが追加されます。 タイムラインを新しい時間までスクラブ再生した後、ビューポートでトランスポート ウィジェットを使用して (またはシーケンサに手動で値を入力して) コントロールリグの関連する特性を移動させ、新しい値をキーフレーム化できます。

NewKeyAdded.png

上記の例では、スケルタル メッシュの右腕に関連付けられたエンド エフェクタを動かし、新しい値をキーフレーム化して、開始値から新しいキー値までキャラクターの動きが補間されるようにしています。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信