コントロールリグ シーケンス

コントロールリグ シーケンスを使用すると、プロパティをアニメートし、シーケンサ ツール内のキーフレームを通じてコントロールリグ アニメーションを動かすことができます。

Windows
MacOS
Linux

コントロールリグ ブループリント を作成したら、シーケンサ を使用して、「コントロールリグ シーケンス」と呼ばれる特殊なシーケンスを通じてプロパティをアニメートできます。 アニメーションは、従来のアニメーション ソフトウェア パッケージと同様に、タイムラインのキー設定されたさまざまな値の間に補間を行うことで実現されます。

コントロールリグ シーケンスを作成する

コントロールリグ シーケンスを作成する方法

  1. 最初に、[Plugins (プラグイン)] メニューでコントロールリグ プラグインを有効 にしたことを確認します。 

  2. コンテンツ ブラウザ[Add New (新規追加)] をクリックし、[Animation (アニメーション)] の下で [ControlRig Sequence (コントロールリグ シーケンス)] を選択して、任意の名前を付けます。
    CreateRigSequence.png

  3. [ControlRig Sequence] アセットをダブルクリックして、 シーケンサ でアセットを開きます。
    OpenRigSequence.png

  4. [Track (トラック)] ボタンをクリックし、 [Control Rig (コントロールリグ)] の下で目的の コントロールリグ ブループリント アセットを割り当てます。
    AssignRigBlueprint.png
    シーケンスが更新され、コントロールリグ ブループリントが追加されます。 [Modes (モード)] パネルも更新され、利用可能かつキー設定可能なプロパティが表示されます。
    ModesPanel.png

アクタをアニメート化する

コントロールリグ シーケンスが作成された状態でアクタをアニメートするには、コントロールリグ シーケンスに関連付けられたスケルタル メッシュをレベル内に配置し、[Modes] パネルの [Animation (アニメーション)] タブでターゲット アクタとして割り当てる必要があります。 

AssignedActor.png

[Units (ユニット)] セクションに、キー設定可能なプロパティが表示されます。このプロパティは、キーフレーム化する目的のプロパティの隣にある [Add Key (キーの追加)] アイコンをクリックすることで追加できます。 

クリックして拡大

これで、コントロールリグ シーケンスの指定した時間に、そのプロパティのキーが追加されます。 タイムラインを新しい時間までスクラブ再生した後、ビューポートでトランスポート ウィジェットを使用して (またはシーケンサに手動で値を入力して) コントロールリグの関連する特性を移動させ、新しい値をキーフレーム化できます。

NewKeyAdded.png

上記の例では、スケルタル メッシュの右腕に関連付けられたエンド エフェクタを動かし、新しい値をキーフレーム化して、開始値から新しいキー値までキャラクターの動きが補間されるようにしています。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback