コントロールリグ

Unreal Engine 4 のコントロールリグは、ブループリントに基づくスクリプト可能なリギング システムであり、アニメーションを動かすプロパティの制御を主な目的としています。

Windows
MacOS
Linux

ControlRigBanner.png

Unreal Engine 4 の コントロールリグ は、ブループリントに基づくスクリプト可能なリギング システムであり、アニメーションを動かすプロパティの制御を主な目的としています。 しかし、ブループリントとは異なり、コントロールリグはブループリント仮想マシン (VM) を利用せず、独自の軽量な VM を使用してコードを変換します (大抵はコピーと実行)。 コントロールリグでは、グラフベースのノード インターフェースを使用します。このインターフェースで、ノード (「 リグ ユニット 」と呼ばれる実行可能なコードのセクション) を接続して、リグ ユニット ネットワークとプロパティによって定義されるアニメーションを実現し、動かします。

スケルタル メッシュをインポートすると、リグ ユニットを使用してスケルタル メッシュのボーンを動かしてアニメートできる階層が生成されます。 階層 はリグ ユニットの入力または出力になります。ポーズがアニメーション ブループリントの Anim ノードの入力または出力になるのと同様です。 アクタ階層自体はインポート可能で、ジョイントの追加や削除、そして名前の変更もできます。コントロールリグは、スケルタル メッシュだけにバインドされるわけではありません。リグ ユニットを通じてトランスフォーム プロパティを指定、適用することで、ブループリント アクタを使用したり、スタティック メッシュをアニメート (プラットフォームを移動するなど) したりできます。 

プロシージャル リギング、エンジンでのアニメート、リターゲットまたはフルボディ IK ソリューションを設定する必要がある場合は、プロジェクトでコントロールリグを使用することをお勧めします。 リターゲットとフルボディ IK は、エンジンでコントロールリグを使用しなくても達成できます。しかし、コントロールリグは他の方法に比べて統合、カスタマイズ、スクリプト化が可能なので、より柔軟な開発ができます。

コントロールリグ プラグインを有効にする

コントロールリグを使用するにはまず、コントロールリグ プラグインを有効にする必要があります。

  1. メイン エディタの [Edit (編集)][Plugins (プラグイン)] を選択します。
    ControlRig_EditPlugins.png

  2. [Animation (アニメーション)] タブで、[Control Rig (コントロールリグ)] プラグインを有効にします。 
    ControlRigPlugin.png

  3. エディタを再起動して、プラグインを適用します。

[Add New (新規追加)] ボタンの [Animation (アニメーション)] で、[Control Rig (コントロールリグ)] ブループリント**と [C****ontrolRig Sequence (コントロールリグ シーケンス)]** を作成できます。

ControlRigAssets.png

参考文献

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback