Bone Driven Controller(ボーン駆動型コントローラー)

Bone Driven Controller ノードで、"Driver" ボーンがひとつ以上の “Driven” ボーンのモーションに動的に影響を与えます。

Windows
MacOS
Linux

Bone Driven Controller (ボーン駆動型コントローラー) では、"Driver (駆動する)" ボーンがひとつ以上の “Driven (駆動される)” ボーンのモーションに動的に影響を与えます。これは、アクセサリがアタッチされているキャラクターで役立ちます。多くのブレンドが使用される場合でも、アニメーション中にジオメトリが交差するのを防ぐことができるからです。

"Driver" 値を直接 Multiplier (乗数) で設定するか、全く新しい範囲に再マッピングすることができます。または Curve アセットを使用してモーションを駆動することができます。カーブの使用は通常、最適なアプローチです。リアルタイムで変化をみながら反応を自然に定義し、ポイント / 接線をインタラクティブに微調整できるからです。

下の例ではアタッチされているアクセサリ (緑色部分) にはオーサリングされているアニメーションは存在しません。キャラクターの大腿部の骨の機能として 2 つの軸で駆動されています。これはすべてランタイムに計算されるため、手動でオーサリングされた微調整がなくてもアニメーションのブレンドはここでは非常にうまく機能します。

Bone Driven Controller

プロパティ

説明

ソース (ドライバー)

Source Bone

コントローラー入力として使用するボーン

Source Component

入力として使用する Transform コンポーネント

マッピング

Driving Curve

ソース属性から存在する場合は駆動される属性をマッピングするために使用するカーブ (存在しない場合は Multiplier を使用)

Remap Source

ドライバー値をクランプし、スケーリング前に再マッピングするかを設定します。

Multiplier

入力値に適用する乗数 (カーブを使用する場合は無視されます)。

目的位置 (駆動)

Target Bone

コントローラー入力を使用して操作するボーン

Target Component Space

使用した Parent Bone Space (親ボーン空間)

効果

Translation

ターゲット ボーン上の平行移動の XYZ 成分

Rotation

ターゲット ボーン上の回転の XYZ 成分

Rotation

ターゲット ボーン上のスケーリングの XYZ 成分

Modification Mode

駆動先のコンポーネントに加える変更のタイプを設定します。

効果

Add to Input

入力成分値に駆動値を追加します。

Replace Component

入力成分値を駆動値と置き換えます。

Add to Ref Pose

駆動値を参照ポーズ値に追加します。

設定

(As Pin) Alpha

ノード上のアルファ ピンの表示を有効/無効にします。

Alpha Scale Bias

最小および最大の入力スケール値を設定します。

AnimDynamics ノードも 4.11 で導入された LOD Threshold システムの影響を受けます。AnimDynamics ノードの [Details (詳細)] パネルにこの設定が表示されます。

perf.png

プロパティ

説明

LOD Threshold

このノードで実行が認められている最高 LOD (Level of Detail) です。例えば、LOD Threshold を 2 に設定すると、LOD 2 になるまでは実行しますが、コンポーネントの LOD が 3 になると無効になります。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信