Spring Controller

Spring Controller を使用して、反対方向に力が適用される前に、ボーンが参照ポーズ位置から伸ばすことのできる距離を制限します。

Windows
MacOS
Linux

Spring Controller は、制御ノードを適用します。このノードは、反対方向に力を適用する際に、 ボーンが参照ポーズ位置から伸縮できる距離を制限します。

node_springcontroller.png

以下は、Spring Controller を使用してアニメートされないボーンの動きをシミュレーションする様子を示しています。

上の動画では、キャラクターの背中にファーネス (Furnace) がアタッチされており、これはキャラクターの動きに合わせてアニメートされていません (当初は、Spring Controller が接続されていない状態で表示)。 次に、ノードを接続して Furnace Bone をターゲットとする Spring Controller を含めるようにし、Spring StiffnessSpring Damping の設定を調整し、動きを生じるようにします。

プロパティ

説明

Spring

Spring Bone

スプリング ソルバを適用するボーンの名前です。

Limit Displacement

有効時は、スプリング ソルバが適用されます。

Max Displacement

ボーンが伸縮できる最長距離です。

Spring Stiffness

スプリングによって適用される力の量の乗数です。値が大きくなると、ボーンを変位させるために高いボーンのべロシティ (速度) を必要とし、最終的により大きな力を適用することになります。

Spring Damping

スプリングで取り除いたボーンのベロシティの量です。

Error Reset Thresh

変位の閾値。スプリングがこの値以上に伸縮した場合、アクタのテレポートなど突然発生する大きな変位を避けるためにリセットします。

No ZSpring

有効になると、Z 軸の変位はスプリングによって無視されて、常に正しくなります。

Spring Controller ノードも 4.11 で導入された LOD Threshold システムの影響を受けます。Spring Controller ノードの [Details (詳細)] パネルにこの設定が表示されます。

perf.png

プロパティ

説明

LOD Threshold

このノードで実行が認められている最高 LOD (Level of Detail) です。例えば、LOD Threshold を 2 に設定すると、LOD 2 になるまでは実行しますが、コンポーネントの LOD が 3 になると無効になります。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信