ボーンのトランスフォーム

指定したボーンのトランスフォームを修正するために使用できるTransform Modify Bone 制御について説明します。

Windows
MacOS
Linux

Transform (Modify) Bone 制御は、指定したボーンのトランスフォームを修正するために使用できます。

node_modifybone.png

以下では、2 つの Transform Modify Bone コントローラーを使ってキャラクターの脊髄と首に影響を与えます。

変数を使って Transform Modify Bone の平行移動、回転、スケーリングの変更を操作し、キャラクターに影響を与えます。 上の動画では Rotation Value 変数によってキャラクターの MF_Spine_01 および b_MF_Neck のボーンの回転を操作しています。 キャラクターのスケーリングも float 値 (Scale Multiplier) で操作され、キャラクターの脊髄に影響を与え、ボーンのサイズやキャラクターのスケーリングを増減させます。

プロパティ

説明

スケルタル コントロール

Bone To Modify

トランスフォーム データを修正するターゲット ボーンの名前です。

ピン

説明

入力ピン

Translation

ターゲット ボーンに適用する平行移動データを指定するベクター値です。

Rotation

ターゲット ボーンに適用する回転データを指定する Rotator (ローテータ) です。

Scale

ターゲット ボーンに適用するスケーリング データを指定するベクター値です。

Transform (Modify) Bone ノードも 4.11 で導入された LOD Threshold システムの影響を受けます。Transform (Modify) Bone ノードの [Details (詳細)] パネルにこの設定が表示されます。

perf.png

プロパティ

説明

LOD Threshold

このノードで実行が認められている最高 LOD (Level of Detail) です。例えば、LOD Threshold を 2 に設定すると、LOD 2 になるまでは実行しますが、コンポーネントの LOD が 3 になると無効になります。

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信