Bone Manipulation モード

Animation アセットをプレビューしながらボーンを移動または回転する Bone Manipulation モードの概要。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

Bone Manipulation Mode

Animation Editor (アニメーション エディタ) 内の Bone Manipulation (ボーン操作) モード では、テクニカルアーティストはアニメーションのプレビュー中に、スケルタルメッシュのスキニング問題を調べるために一時的にボーンを移動、回転することができます。 Bone Manipulation モードでもうひとつ便利なのは、ボーンを移動または回転させてから (例えば、キャラクターの頭部を上下に傾ける)、 タイムラインの記録 オプションを使って変更されたボーンの位置に基づき新規アニメーションを作成できることです。

ボーンを操作する

アニメーション再生中にスケルタルメッシュのボーンを操作するには以下の手順に従います。

  1. コンテンツ ブラウザ (または アセット ブラウザ) で任意の Animation アセットを開きます。

  2. Animation Editor のタイムライン上で Pause ボタンをクリックしてアニメーションを一時停止します。

    PauseAnimation.png

  3. [Skeleton Tree] タブをクリックし、[Tree View] ウィンドウから必要なボーンを選択します。

    BoneSelection.png

  4. Transform ウィジェット を使って、選択したボーンを移動 (W キー)、回転 (E キー)、またはスケーリング (R キー) します。

    ModifyBone.png

    ビューポート上部のツールバーからトランスフォーム オプションのひとつをクリックすることもできます。

  5. 変更したボーンのトランスフォームでアニメーションを再生します。

    上の動画では、2 種類のボーンを調整して、この 2 つが異なる位置にある場合にアニメーションがどのように見えるかを確認しました。

ボーンの操作後は、別のアニメーション アセットを選択しても操作が持続するため、別のアニメーションで変更をプレビューすることができます。 変更されたボーンは、Animation Editor を閉じたり、再度開くとデフォルトの移動、回転、スケーリングに戻ります。

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信