ステートマシンの作成

Animation アセットの AnimGraph に使用するステートマシンの新規作成ガイド

Windows
MacOS
Linux

実際に ステートマシン を作成する前に、ステート間の遷移を操作する状況と、本当に必要なステートについてじっくり計画すると良いでしょう。そうすることで、ステートマシンのみならず、ステートマシンを操作するための変数や各ステートに組み込むアニメーションについて、周到な計画を立てることができます。

新規ステートマシンAnimation ブループリント エディタAnimGraph 内で作成することができます。

  1. Animation ブループリント の AnimGrpah 内で 右クリック し、コンテキスト メニューから [State Machines] > [New State Machine] の順に選びます。

    CreateNewStateMachine.png

    一般的に、ステートマシンを作成したらすぐに名前を付けた方が良いです。

  2. [My Blueprint] ウィンドウで作成した新規ステートマシンを 右クリック し、名前の入力フィールドに新しい名前を入力します。

    RenameStateMachine.png

    この例では、ステートマシンに「Locomotion」という名前が付けられています。

    LocomotionSMNode.png

  3. ステートマシンを開き、 ダブルクリック してステートと遷移を定義します。

    StateMachineEntryPoint.png

    これでエントリー ポイントのみを持つ新しいグラフ タブが開きます。基本的にこのエントリ ポイントから、アニメーションが開始します。

ステートとコンジットの作成

ステートは、ブループリント内で新規ノードを作成する方法で作成します。

  1. 右クリック してコンテキスト メニューから 1 つを作成することができます。

    AddState_CM.png

    グラフの空いている部分にワイヤーをドラッグしマウスをリリースしてもコンテキスト メニューが開きます。

    AddStateDragWire.png

  2. グラフ内でノードを 右クリック してステートを名前変更することができます。

    StateDefault.png

    上の図では、ステートが作成されて、以下で Idle に名前変更されています。

    StateRenamed.png

  3. コンジットも同じく、グラフ内を 右クリック するか、新規ワイヤーをグラフ内の空のスペースにドラッグして作成します。

    CreateConduit.png

遷移ルールの作成

遷移ルール は、ステートとコンジットを接続するワイヤーと一緒に自動的に作成されます。遷移ルールは、小さくて丸い方向を示すアイコンで表示されます。

NewTransitionRule.png

つまり、グラフの空のスペースにワイヤーをドラッグしてステートあるいはコンジットを新規作成した場合、遷移ルールはそのワイヤーに対して自動的に作成されます。さらに、ワイヤーを元のノードにドラッグすれば、そのノードに戻る遷移として 2 つ目の遷移ルールを作成することができます。

CreateTransition.png

遷移ルール上で ダブルクリック して、新規グラフを開きます。このグラフで、遷移の成功または失敗の条件を定義することができます。

TranstionRule.png

Boolean の IsSecondaryAttacking?True の場合、新しいステートへの遷移が起こります。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback