Behavior Tree ノードのリファレンス:

ビヘイビアツリー エディタでの作業時に使用できる各種ノードの概要について説明します。

Windows
MacOS
Linux

このページには、 ビヘイビアツリー エディタ で作業する際に使用可能なデフォルト ノードの詳細へのリンクがあります。 Behavior Tree ノードには次の 5 つのタイプがあります。

ノードタイプ

説明

コンポジット

ブランチのルートを定義し、そのブランチの実行方法の基本的なルールを定義するノードです。

タスク

ビヘイビアツリーのリーフにあたる部分で、これらは実行可能なノードですが出力接続はありません。

デコレーター

条件式とも呼ばれます。別のノードにアタッチされ、ツリーのブランチあるいはノード 1 つでも実行可能かどうかの判断をするノードです。

サービス

Composite ノードにアタッチされ、ブランチの実行中は定義された頻度で実行されるノードです。多くの場合、ブラックボードの確認や更新に使用されます。これらは、他の Behavior Tree システムの従来の Parallel ノードに代わるものです。

ルート

Root ノードは一意で、ビヘイビアツリーの開始点として機能します。接続は 1 つだけで、デコレーターまたはサービスをアタッチすることはできません。Root ノード自体にはプロパティはありませんが、選択すると [Details (詳細)] パネルにビヘイビアツリーのプロパティが表示され、ビヘイビアツリーの Blackboard アセットを設定することができます。 

RootNode-1.png

各トピックの詳細については、以下のリンクを参照してください。 

Behavior Tree ノードの種類

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信