1.ダイアログの音声の作成

各キャラクターの音声をセットアップします。

Windows
MacOS
Linux
前提トピック

このページは以下のトピックへの知識があることを前提にしています。まず以下のトピックの内容についてご確認をお願いします。

この例では、アンリアル エンジンのマーケットプレイスから無料で入手できる Mixamo Animation Pack のキャラクターを使います。 Mixamo Animation Pack では、すべてのキャラクターは一般的なキャラクター ブループリントから継承しています。自分のプロジェクト内で作業するか、 C++ のセットアップで作業する場合、以下のステップを調整する必要がありますが、主要な概念はあてはまります。

各キャラクターには、Dialogue Voice 変数の独自の値があります。オーディオ コンテンツをローカライズしない場合でも、キャラクター毎に声を分けるということは、 声優の声を録音してキャラクターの声に関連付けて、Zoe は常に彼の声になるようにすることを意味します。

  1. コンテンツ ブラウザ「MixamoAnimPack」 フォルダで MixamoCharacter_Master 上で ダブルクリック してそのブループリントを開きます。

    MixamoMaster.png

  2. 新しい 変数 をブループリントに追加します。

    NewVariable.png

  3. 新しい変数に DialogueVoice と名前を付けて、その型を DialogueVoice Reference に設定します。

    DialogueVoiceRef.png

  4. ブループリントをコンパイルし、保存します。

    Dialogue Voice アセットを作成し、3 人のキャラクターのそれぞれで使用するようにします。

  5. コンテンツ ブラウザ に戻り、[Dialogue Voice] アセットを新規作成します。

    DialogueVoiceNew.png

  6. 新しいアセットに QuestNPC と名前を付けます。次にそれを ダブルクリック して開きます。

  7. デザイン ドキュメントでは、クエストの NPC の声が FeminineSingular (単数) であることがわかっています。ドロップダウン メニューを使って GenderPlurality を適宜設定します。

    QuestNPC.png

  8. あと 2 回プロセスを繰り返し、MasculineSingular な Adam の Dialogue Voice アセットを作成します。さらに、FeminineSingular な Zoe の Dialogue Voice アセットを作成します。

    AdamVoice.png

    ZoeVoice.png

  9. すべての新規 Dialogue Voice アセットを保存して閉じます。

Dialogue Voices が作成されたので、それらをキャラクターに関連付けます。

  1. コンテンツ ブラウザ に戻り、Mixamo_SWAT フォルダで、Mixamo_SWAT ブループリントを開きます。

    MixamoSWAT.png

  2. ブループリントがデータのみのものではなく、デフォルトが可視でない場合、ツールバークラスのデフォルト をクリックして、ブループリントのデフォルトのプロパティを開きます。

    ClassDefaults.png

  3. [Details] パネルの Dialogue VoiceQuest NPC に設定します。

    DialogueVoiceSetSwat.png

  4. このプロセスを繰り返し、Mixamo_Adam ブループリントの Dialogue VoiceAdam に設定し、Mixamo_Zoe ブループリントの Dialogue VoiceZoe に設定します。

    AdamVoiceSet.png

    ZoeVoiceSet.png

Dialogue Voice キャラクターを特定するために以下を行います。

  1. ワールドにキャラクターを配置し、ビューポートに入れます。

  2. コンテンツ ブラウザDialogue Voice アセット上で右クリック します。

  3. [Asset Actions]>> [Capture Thumbnail] の順に選択します。

    ThumbnailCapture.png

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信