オーディオ ファイル

サウンド ファイルをアンリアル エンジン 4 に取り込むための基本要件。

Windows
MacOS
Linux

アンリアル エンジン 4 (UE4) のオーディオ システムには、ゲーム内のサウンドを望ましいものにするツールと機能があります。これはすべてオーディオ ソース ファイルから始まります。Mono またはステレオ ファイルとして、UE4 に迅速にインポートし、作品をさらに生き生きとしたものにします。以下はオーディオ コンテンツの基本要件とインポートのクイック ガイドです。

インポート

現在のエンジンは、任意のサンプルレートによる非圧縮のリトルエンディアン 16 ビット wave ファイルのインポートをサポートしています (ただし、44100 Hz または22050 Hz のサンプルレートを推奨)。

規格

PCM, ADPCM, DVI ADPCM

形式

.wav

ビット レート

16

スピーカー チャンネル

Mono、Stereo、2.1、4.1、 5.1、6.1、 7.1

標準のサウンド ファクトリでインポートすると、再生のためのサウンドキューによって参照可能なシンプルなサウンドノード ウェーブを生み出します。こうしたサウンドは Mono または Stereo になります。特別な命名規則でインポートすると、マルチチャンネル (例、5.1 など) サウンドが可能となります。すべてのプラットフォームで 8 チャンネルまでのサウンドの圧縮が可能ですが、これらを効率的に再生できるプラットフォームは限られます。パッケージの保存プロセスでは、プラットフォームのネイティブのフォーマットに変換するために必要なすべての作業を行います。スピーカーの厳密なマッピングはないため、チャンネルの番号により、どのチャンネルがどのスピーカーで再生されるかが推測されます (下の表を参照)。

拡張子

4.0

5.1

6.1

7.1

FrontLeft

_fl

FrontRight

_fr

FrontCenter

_fc

LowFrequency

_lf

SideLeft

_sl

SideRight

_sr

BackLeft

_bl

BackRight

_br

圧縮設定を微調整することにより、すべてのプラットフォームに対して同品質を保つことができます。多くのサウンドをテスト後、弊社の音楽担当が XMA 品質の 40 が Ogg Vorbis 品質の 0.15 と同等であると判断しました。

単一ファイルのインポート

コンテンツ ブラウザ で以下の操作を行います。

  1. コンテンツ ブラウザで [Import (インポート)] ボタンをクリックします (以下の図参照)。 ImportButton_UI.png

  2. インポートする WAV ファイルを選択します。

または

  1. Windows のファイル エクスプローラー ウィンドウからサウンド ファイルを選択します。

  2. ファイルをクリックして、コンテンツ ブラウザ へドラッグします。

マルチチャンネル インポート

コンテンツ ブラウザ で以下の操作を行います。

  1. コンテンツ ブラウザで [Import (インポート)] ボタンをクリックします (以下の図参照)。 ImportButton_UI.png

  2. 適切な命名規則が設けられたファイルを選択します。これらのファイルは次のようなサウンドアセットになります。"Surround_fl.wav", "Surround_fr.wav", "Surround_sl.wav", "Surround_sr.wav".

  3. "Surround" と呼ばれる 4 チャンネル アセットを作成します。

または

  1. Windows のファイル エクスプローラ ウィンドウからすべてのサウンドファイルを選択します。

  2. ファイルをクリックして、コンテンツ ブラウザ へドラッグします。

マルチチャンネル サウンドアセットをエクスポートすると、上記のスピーカーの拡張子の命名規則によって、各チャンネルに「.WAV」ファイル (モノラル) が作成されます。

関連

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信