Blueprint Spline コンポーネントのプロパティ リファレンス

Blueprint Spline コンポーネントのエディタで使用できるすべてのプロパティのリファレンスの情報です。

Windows
MacOS
Linux

このページは、Blueprint Spline コンポーネント**のプロパティのリファレンス リストです。ブループリント エディタBlueprint Spline コンポーネント を選択した場合、Root コンポーネント を選択した場合、またはコンポーネントを レベル エディタ** で選択した場合、若干異なるプロパティが表示されます。

プロパティ

トランスフォーム

TransformCatRef.png

プロパティ

説明

Location

アクタ または コンポーネントワールド空間 もしくは親と 相対的な 位置です。

Rotation

アクタ または コンポーネントワールド空間 もしくは親と 相対的な 回転です。

Scale

アクタ または コンポーネントワールド空間 もしくは親と 相対的な スケールです。

ソケット

SocketsCatRef.png

プロパティ

説明

Parent Socket

このコンポーネントが Skeletal Mesh コンポーネント子供 (あるいは Socket のある Static Mesh コンポーネント) の場合、Socket または Joint をこのコンポーネントにアタッチするように指定できます。

スプライン

BPS_SplineCatRef.png

プロパティ

説明

Duration

Specifies the duration of the spline in seconds.

Override Construction Script

Whether the spline has been edited from its default by the spline component visualizer.

Input Spline Points to Construction Script

Whether the spline points should be passed to the User Construction Script so they can be further manipulated by it. If false, they will not be visible to it, and it will not be able to influence the per-instance positions set in the editor.

Draw Debug

If true, the spline will be rendered if the Splines showflag is set.

Closed Loop

Whether the spline is to be considered as a closed loop. Use [API:USplineComponent::SetClosedLoop] to set this property, and [API:USplineComponent::IsClosedLoop] to read it.

Default Up Vector

Default up vector in local space to be used when calculating transforms along the spline.

上級者向け

BPS_SplineCatRefAdv.png

プロパティ

説明

Reparam Steps Per Segment

Number of steps per spline segment to place in the reparameterization table.

Stationary Endpoints

Whether the endpoints of the spline are considered stationary when traversing the spline at non-constant velocity. Essentially this sets the endpoints' tangents to zero vectors.

エディタ

BPS_EditorCatRef.png

プロパティ

説明

Editor Unselected Spline Segment Color

エディタで選択されていないスプライン コンポーネント セグメントの色です。

Editor Selected Spline Segment Color

エディタで選択されているスプライン コンポーネント セグメントの色です。

Should Visualize Scale

スケールのビジュアル化をエディタ内で有効にするかどうかを設定します。

Scale Visualization Width

スケールのビジュアル化をエディタ内で有効にした場合のスプラインの幅です。

Selected Points

BPS_SelectedPointsRef.png

プロパティ

説明

Input Key

カーブ上で選択された カーブ ポイント のインデックスです。

Position

カーブ上で選択された カーブ ポイント の位置です。

Arrive Tangent

選択された カーブ ポイント に近づく時にカーブのタンジェントを定義するベクトルです。

Leave Tangent

選択された カーブ ポイント に近づく時にカーブのタンジェントを定義するベクトルです。

Rotation

カーブ ポイント に適用してタンジェントを修正します。タンジェントとは別々に適用されるので、両方に対して期待する結果になるような修正ができます。

Scale

カーブ ポイント に適用して、タンジェントを修正します。タンジェントとは別々に適用されるので、両方に対して期待する結果になるような修正ができます。

Type

選択された カーブ ポイント のタイプを定義します。

タイプ

説明

Linear

選択された カーブ ポイント から次のカーブポイントまで、カーブは直線になります。これにより、選択された カーブポイント に入ってくるタンジェントおよび次に向かって出ていくタンジェントにも影響します。

Curve

デフォルト値。(選択されたカーブポイントの前後の) カーブ ポイント は、選択された カーブ ポイント のタンジェントを定義します。

Constant

Linear と似ていますが、Constant は選択された カーブ ポイント に入ってくるタンジェントにも、次に向かって出ていくタンジェントにも 影響しません

CurveClamped

Curve と似ていますが、カーブのタンジェントでクランプする点が異なります。

CurveCustomTangent

タンジェントを カーブ ポイント で調節した場合に設定される値です。

タグ

TagsCatRef.png

プロパティ

説明

Component Tags

Array of tags that can be used for grouping and categorizing. Can also be accessed from scripting.

アクティベーション

ActivationCatRef.png

プロパティ

説明

Auto Activate

Whether the component is activated at creation or must be explicitly activated.

イベント

EventsCatRef.png

プロパティ

説明

On Component Hit

Event called when a component hits (or is hit by) something solid. This could happen due to things like Character movement, using Set Location with 'sweep' enabled, or physics simulation. For events when objects overlap (e.g. walking into a trigger) see the 'Overlap' event.

On Component Begin Overlap

Event called when something starts to overlaps this component, for example a player walking into a trigger. For events when objects have a blocking collision, for example a player hitting a wall, see 'Hit' events.

On Component End Overlap

Event called when something stops overlapping this component.

On Component Wake

Event called when the underlying physics objects is woken up.

On Component Sleep

Event called when the underlying physics objects is put to sleep.

On Begin Cursor Over

Event called when the mouse cursor is moved over this component and mouse over events are enabled in the player controller.

On End Cursor Over

Event called when the mouse cursor is moved off this component and mouse over events are enabled in the player controller.

On Clicked

Event called when the left mouse button is clicked while the mouse is over this component and click events are enabled in the player controller.

On Released

Event called when the left mouse button is released while the mouse is over this component click events are enabled in the player controller.

On Input Touch Begin

Event called when a touch input is received over this component when touch events are enabled in the player controller.

On Input Touch End

Event called when a touch input is released over this component when touch events are enabled in the player controller.

On Input Touch Enter

Event called when a finger is moved over this component when touch over events are enabled in the player controller.

On Input Touch Leave

Event called when a finger is moved off this component when touch over events are enabled in the player controller.

Physics Volume Changed

PhysicsVolume の変更時に呼び出されるデリゲートです。

タグ

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信