ブループリントインターフェース UI

Blueprint インターフェースで作業する際のブループリント エディタの UI エレメントの分類

Windows
MacOS
Linux

ブループリント インターフェース (Blueprint Interface) は、実装されていない名前だけの 1 つ以上の関数のコレクションで、 他のブループリントへ追加することができます。インターフェースが追加されたブループリントには、必ずこれらの関数が格納されます。インターフェースの 関数には、追加されるそれぞれのブループリントで機能性が与えられます。一般のプログラミングの インターフェースのコンセプトと基本的に一緒で、共通のインターフェースを通じてさまざまなタイプのオブジェクトの 共有やアクセスが可能となります。簡単に言うと、ブループリント インターフェースはブループリントの相互共有やデータの送信を可能にします。

ブループリント インターフェースは他のブループリントと同様に、エディタを使用してコンテンツ クリエーターが作成します。 しかしある程度の制限があり以下の作業はできません。

  • 変数の追加

  • グラフの編集

  • コンポーネントの追加

ブループリント インターフェース エディタの UI

最初に ブループリント インターフェース を開くと、以下のみを含む非常にシンプルな UI が表示されます。

InterfaceNumbered.png

デフォルトで表示される UI コンポーネント

[Window] メニューで利用可能な機能

  1. メニュー

  2. Toolbar

  3. My Blueprint

  4. 詳細

  5. グラフ エディタ

このグラフビューは、ブループリント エディタ内で通常利用可能なグラフ エディタとは若干違うということを覚えておくことが重要です。このグラフビューはグレイアウトされ、ナビゲーションやノードの追加はできません。なぜなら、グラフを編集する手段というよりは、ビジュアル化ツールであるためです。インターフェイス内およびインターフェイス自体に機能はありません。したがって、この場合、実際に機能するネットワークを作成する必要はありません。このビューは、単に入出力の結果を示すプレビューとしてお考えください。

ブループリント インターフェイスの作成、およびその作業に関する詳しい情報は、ブループリント インターフェース を参照してください。

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback