Level ブループリント UI

Level ブループリントで作業する際のブループリント エディタの UI エレメントの分類

Windows
MacOS
Linux
このページ中

Level ブループリントは、レベル全体のグローバルイベント グラフとしての役割を果たす、特別なタイプの ブループリント です。 プロジェクトの各レベルには、アンリアル エディタ内で編集可能な独自の Level ブループリントがデフォルトで作成されます。 ただし、新規の Level ブループリントはエディタ インターフェースによって作成されます。

レベル全体に関連するイベントもしくはレベル内のアクタの特定インスタンスは、 関数呼び出しまたはフロー制御オペレーションという形式でアクションのシーケンスを実行するために使用されます。 アンリアル エンジン 3 のキズメットの機能と酷似しているため、 アンリアル エンジン 3 を熟知しているユーザーには馴染みのあるコンセプトです。

Level ブループリント は、マチネ に対する制御メカニズム、 およびレベル内に配置されるアクタにイベントをバインドするための制御メカニズムを提供します。

インターフェース

Level ブループリントの編集時は、以下のセクションがブループリント エディタにあります。

LevelBlueprintUI.png

デフォルトで表示される UI コンポーネント

[Window] メニューで利用可能な機能

  1. メニュー

  2. Toolbar

  3. My Blueprint

  4. 詳細

  5. グラフ エディタ

タグ

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信