ブループリントの用語集

ブループリントの作業時に使用する専門用語集

Windows
MacOS
Linux
このページ中

クイック移動: A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

B

Blueprint (ブループリント)

ビジュアルスクリプティングシステム全体を指す一般的な用語、または新規のクラスや アクタ のタイプを定義する標準的な ブループリント クラス。

C

Custom Event

イベントグラフのノード経由で実行が可能な ブループリント エディタ で定義された イベント

E

Event (イベント)

戻り値が無く、出力 パラメータを持たないコードで定義される実行メソッド。イベントは実行の開始ポイントであるため、出力実行ピンのみを持ちます。これらはネイティブコードから実行されます。カスタム イベント も参照してください。

F

Function (関数)

少なくともひとつの 出力 パラメータまたは戻り値を持つコード、もしくは ブループリント エディタ のどちらかを通じて定義する実行メソッド。関数は 純粋関数 または 非純粋関数 のどちらかになります。

Function Call (関数の呼び出し)

関数 を実行するためにイベントグラフに配置することができるノード。

I

Impure Function (非純粋関数)

ステートまたはクラスのメンバーを自由に修正出来る関数。詳細は 純粋 vs 非純粋 セクションを参照してください。

P

Private Variable (プライベート変数)

変数は クラスのデフォルト のみで編集が可能で、 コンストラクション スクリプト が実行される度にデフォルト値をリセットします。プライベート変数は ブループリント 内のステートの追跡に使用することが出来ます。

Public Variable (パブリック変数)

ブループリント の各インスタンスで個別に編集が出来る変数ですが、ブループリント のグラフ内で定数として捉えられます。デザイナーは、パブリック変数を使用して、見た目やインスタンス毎に ブループリント の動作を微調整することが出来ます。

Pure Function (純粋関数)

この関数はステートやクラスのメンバーを一切変更しません。詳細は 純粋 vs 非純粋 セクションを参照してください。

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信