2.必要なキャラクターの設定

プレイ可能なキャラクターのゲーム設定を正しく行ってみましょう。

Windows
MacOS
Linux

本ページでは、このガイドの後半で HUD に渡す変数を追加して、Character ブループリントで操作します。条件を追加して、起動した 1 つの岩に対してプレイヤーが発射できる回数を定義します。

キャラクターの設定

Character ブループリントを使います。

  1. コンテンツ ブラウザ[Content]>[FirstPersonBP]>[Blueprints] を選択して、First Person Character ブループリントを開きます。

    FirstPersonCharacter.png

  2. グラフの Stick InputMovement InputJump セクションを削除して、以下のセクションだけが残るようにします。

    CleanUp.png

    このサンプル ゲームで必要なのは、プレイヤーが振り向いて撃つことだけなので、その他のスクリプトは削除してブループリントを整理します。

  3. 再びグラフ内を 右クリック して、Event Begin Play ノードを検索して追加します。

    EventBeginPlay.png

  4. Event Being Play ノードを引き出して Create Widget ノードを検索して追加します。

    CreateWidget.png

    ゲームの再生開始時に HUD Widget ブループリントを呼びだし、それを表示します。

  5. Create Widget ノードの Class[HUD] を選択したら、Return Value を引き出して、Add to Viewport ノードを使用します。

    AddToViewport.png

    HUD が表示されるようになるので、HUD に渡す変数を作成する必要があります。それでは実践してみましょう。

  6. [MyBlueprint] ウィンドウの [Add Variable (変数を追加)] ボタンをクリックします。

    AddVariable.png

  7. 作成された変数を選択して [Details (詳細)] パネルで名前を「isActive」に変更し、Boolean 型であることを確認します。

    NewVariable1.png

  8. もう 1 つ変数を作成し、名前を「SpawnLocation」に変えて、Transform 型であることを確認します。

    NewVariable2.png

    この変数はスポーン位置を岩に伝え、レベルから更新されます。

  9. もう 1 つ変数を作成し、名前を「Pulls」に変えて、Integer 型であることを確認します。

    NewVariable3.png

    この変数は、プレイヤーがボタンを押してスポーン可能な岩の残数を保持します。

  10. Integer 変数をあと 2 つ作成します。 1 つは「Shots」、もう 1 つを「Score」という名前にします。

    AllVariables.png

    追加した変数はこのように見えます。

  11. [Compile (コンパイル)] ボタンをクリックしたら [Details (詳細)] パネルで [Pulls][Default Value (デフォルト値)]10 に設定します。

    DefaultValuePulls.png

  12. [Shots][Default Value]3、そして [Score]0 に設定します。

射撃武器の設定

ここでは、プレイヤーが引き金を 1 回引くあたりの発射数を少し変更していきます。

  1. InputAction Fire event を見つけたら、それを引き出して Do N ノードを追加します。

    DoN.png

    このノードは後に続くスクリプトを設定回数実行します (プレイヤーの射撃回数を制御することができます)。

  2. N3 に設定したら、Alt を押したまま、それを [My Blueprint] ウィンドウから Shots 変数にドラッグし、ノードを再接続します。

    SetDoN.png

    Shots ノードの後に、SetMontage Play ノードに接続します。

  3. Control キーを押しながら、Shots 変数を再度ドラッグして、それを Integer - Integer ノード (1 に設定) に接続してから、以下のように接続します。

    ConnectShots.png

    ここで、Shots を Fire が 1 回押されるごとに 1 減る設定にします。

  4. Shots の横にあるグラフ内を 右クリック して、ResetShots という カスタム イベント を追加します。

    CreateCustomEvent.png

  5. Alt を押したまま Shots をドラッグして 3 に設定し、カスタム イベント、そして Do N ノードの Reset に接続します。

    ResetEventSet.png

    このカスタム イベントが呼ばれると、Shots の設定を 3 に戻し、Do N ノードがリセットされ、再度実行することができます。

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback