ブループリント通信プロジェクト

様々なブループリント通信方法を使って作成されたサンプル プロジェクト

Windows
MacOS
Linux
このページ中

この ブループリント通信プロジェクト では、シンプルな射撃スタイルのゲームを作成します。プロジェクトではレベルからキャラクターへの通信方法に加えて、キャラクター情報の HUD への渡し方を学びます。プロジェクトの終了時には、以下のようなものが出来上がります。

この短いゲーム サンプルの中で、プレイヤーがボタンを押すと Character ブループリントの内部から被破壊スタティックメッシュをスポーンします。岩のスポーン位置および起動位置は、レベル内に配置したスポーン地点からランダムに選択されているので、レベルから Character ブループリントへスポーンの位置を伝えなくてはなりません。 Character ブループリントに格納された情報 (発射または起動する岩の数、発射あたりの残弾数、プレイヤーの得点) も受け取り、それを HUD に渡してスクリーン上に表示します。

ステップ

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信