Difference

2 つの Set の相対差を取り、それを Resultant Set に割り当てる

Windows
MacOS
Linux
On this page

Set_DifferenceNode.png

Difference ノードは 2 つの Set に含まれるアイテムの相対差を取り、その差を Resultant Set に割り当てて、Set A にあって Set B にはないすべてのアイテムが入るようにします。 2 つの Set の相対差は可換演算でないことに注意することが重要です。Set A が維持しているアイテムをすべて含んでいる場合、 Set A と Set B の差を図で表すと以下のようになります。

Set_DifferenceDiagram.png

解説しやすいように、それぞれ以下のように定義される Set A と Set B という 2 つのストリング型があるとしましょう。

Set A = {"Item 1", "Item 2", "Item 3", "Item 4", "Item 5"}
Set B = {"Item 4", "Item 5", "Item 6", "Item 7", "Item 8"}

は以下の表は、Set A and Set B の相対差が含まれる結果を表します (記号で表すと A \ B)。

Set A

Set B

Resultant Set (A \ B)

Item 1

Item 4

Item 1

Item 2

Item 5

Item 2

Item 3

Item 6

Item 3

Item 4

Item 7

Item 5

Item 8

入力

ピンの位置

名前

説明

Set_DifferenceNode_1.png

(In) Exec

入力実行ピンです。

Set_DifferenceNode_2.png

A

Set A が比較元です。

Set_DifferenceNode_3.png

B

Set B は Set A から削除するアイテムの Set です。

出力

ピンの位置

名前

説明

Set_DifferenceNode_4.png

(Out) Exec

出力実行ピンです。

Set_DifferenceNode_5.png

Result

Set B には含まれていない Set A のすべてのアイテムが含まれる Set です。

使用例

Set_DifferenceUsage.png

補足説明

この演算を記号で表すと A \ B = { x | x ∈ A ∧ x ∉ B } となり、このノードは、Set A のエレメントと Set B にはないエレメントの間で論理 AND 演算を実行します。

Tags
Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback