Difference

2 つの Set の相対差を取り、それを Resultant Set に割り当てる

Windows
MacOS
Linux
このページ中

Set_DifferenceNode.png

Difference ノードは 2 つの Set に含まれるアイテムの相対差を取り、その差を Resultant Set に割り当てて、Set A にあって Set B にはないすべてのアイテムが入るようにします。 2 つの Set の相対差は可換演算でないことに注意することが重要です。Set A が維持しているアイテムをすべて含んでいる場合、 Set A と Set B の差を図で表すと以下のようになります。

Set_DifferenceDiagram.png

解説しやすいように、それぞれ以下のように定義される Set A と Set B という 2 つのストリング型があるとしましょう。

Set A = {"Item 1", "Item 2", "Item 3", "Item 4", "Item 5"}
Set B = {"Item 4", "Item 5", "Item 6", "Item 7", "Item 8"}

は以下の表は、Set A and Set B の相対差が含まれる結果を表します (記号で表すと A \ B)。

Set A

Set B

Resultant Set (A \ B)

Item 1

Item 4

Item 1

Item 2

Item 5

Item 2

Item 3

Item 6

Item 3

Item 4

Item 7

Item 5

Item 8

入力

ピンの位置

名前

説明

Set_DifferenceNode_1.png

(In) Exec

入力実行ピンです。

Set_DifferenceNode_2.png

A

Set A が比較元です。

Set_DifferenceNode_3.png

B

Set B は Set A から削除するアイテムの Set です。

出力

ピンの位置

名前

説明

Set_DifferenceNode_4.png

(Out) Exec

出力実行ピンです。

Set_DifferenceNode_5.png

Result

Set B には含まれていない Set A のすべてのアイテムが含まれる Set です。

使用例

Set_DifferenceUsage.png

補足説明

この演算を記号で表すと A \ B = { x | x ∈ A ∧ x ∉ B } となり、このノードは、Set A のエレメントと Set B にはないエレメントの間で論理 AND 演算を実行します。

タグ

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信