Timelines の編集

ブループリント内での Timeline ノードの編集方法の概要です。

Windows
MacOS
Linux

Timelines は、[Graph] タブの Timeline ノード上、または My Blueprint 内の Timeline ノード上を ダブルクリック すれば編集可能になります。上の操作により、新規タブ内で タイムライン エディタ が開きます。

タイムライン エディタ

Blueprint Timeline Editor

ボタン / チェックボックス

説明

add_float_track_button.png

スカラー浮動小数点値をアニメートするために浮動トラックを Timeline に新規に追加します。

add_vector_track_button.png

回転や平行移動などのベクター浮動小数点値をアニメートするためにベクター トラックを Timeline に新規に追加します。

add_event_track_button.png

イベント トラックを追加することで、トラック上でキーフレーム時間でトリガーされる別の実行出力ピンを提供します。

add_color_track_button.png

色をアニメートするために線形カラー トラックを Timeline に新規に追加します。

add_external_curve_button.png

外部カーブを Timeline に追加します。このボタンは外部カーブが コンテンツ ブラウザ で選択されている場合のみアクティブになります。

timeline_length_button.png

この Timeline に対して再生時間の長さの設定ができます。

last_keyframe_button.png

これがアクティブでない場合は、シーケンスの最後のキーフレームは無視されます。アニメーションがループする場合にスキップしにくくなります。

autoplay_button.png

アクティブの場合、この Timeline ノードは実行入力に開始を要求せず、レベルの開始と同時に再生を開始します。

loop_button.png

アクティブの場合、Timeline アニメーションは Stop 入力ピン経由で停止しない限り、無制限に繰り返します。

replicated_button.png

アクティブの場合、Timeline アニメーションはクライアント中にレプリケートされます。

トラックの追加

Timelines は トラック を使って 1 つのデータ構成要素にアニメーションを定義します。浮動小数点値、ベクター値、カラー値、イベントなどです。トラックは、[Add Track (トラックを追加)] ボタンをどれか 1 つクリックすると Timeline に追加することができます。例えば、Blueprint Timeline - Add Float Track Button ボタンをクリックして、新規トラックの名前を入力します。 [Enter] を押して浮動トラックの名前を保存します。

Blueprint Timeline - Add Float Track

  1. トラック名 - この欄にいつでも新規トラック名を入力することができます。

  2. 外部カーブ グループ - 自分のカーブを作成する代わりに、コンテンツ ブラウザ から外部カーブ アセットを選択することができます。

  3. トラック タイムライン - このトラック用のキーフレームのグラフです。ここにキーフレームを置いて、補間曲線の結果を確認します。

キーの追加

トラックの用意ができたら、アニメーションを定義するためにキーの追加を開始できます。

Timelines 内でキーとカーブを使った作業に関する詳細は、キーと曲線 を参照してください。

k2_timeline_track_key_add.png

トラックの修正が完了したら、トラックからのデータまたはイベントがデータ ピンまたはトラック ピンからトラックと同じ名前で出力されます。

Blueprint Timelines - Track Data Output

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信