Widget コンポーネント

ワールド内でインタラクション可能な Widget ブループリントの 3D インスタンスである Widget コンポーネントについて説明します。

Windows
MacOS
Linux

Widget コンポーネントを使用すると、UMG で作成した 3D UI エレメントをゲームワールドで表すことができます。

Widget コンポーネント

Widget コンポーネント自体は、ゲーム ワールド内でインタラクションできる Widget ブループリント の 3D インスタンスです。

以下の例では、Widget コンポーネントを追加しました。これで、Widget Class ブループリントを指定できるようになります。

UMG_3D_21.png

この例では、Widget ブループリントを使用してゲームワールドにインタラクティブ メニューを表示します。

ワールドでの Widget コンポーネントのサイズを、 [Draw Size] を変更する、または [Draw at Desired Size] を使用して変えることができます。

UMG_3D_22.png

Widget コンポーネントを含むアクタをレベルに配置すると、 Widget Class ブループリントがワールドに表示されます。

UMG_3D_30.png

ここでは、ウォールにインタラクティブなキーパッドがあります。

Widget コンポーネントのプロパティ リファレンス

以下は、Widget コンポーネントの [Details (詳細)] パネルから調整可能なプロパティです。

オプション

説明

Space

ウィジェットをレンダリングする座標空間です (World または Screen)。World では、ウィジェットはメッシュとしてワールドにレンダリングされてオクルードすることができます。Screen では、ウィジェットを完全にワールド外部のスクリーン上にレンダリングし、決してオクルードされません。

Widget Class

インスタンスを作成し、表示するユーザー ウィジェットのクラスです。

Draw Size

表示されるクワッドのサイズです。

Manually Redraw

実際に描画するかどうかについて、ウィジェットが再描画の指示を待つかを設定します。

Redraw Time

描画と描画の間の時間、 0 の場合は、フレーム毎に再描画します。1 の場合は、1 秒毎に再描画します。これは、 [Manually Redraw] でも機能します。そのため、手動で再描画するが、この最高レートでのみ再描画するといえます。

Window Focusable

ウィジェットをフォーカス可能にするために仮想ウィンドウが作成されるかどうかを設定します。ユーザーからフォーカスを移動するかどうかです。

Draw at Desired Size

Widget クラスによって指定される必要なサイズにレンダー ターゲットを自動的に一致させます。すべてのフレームで行うと負荷が高くなります。

Pivot

その位置に相対的にウィジェットが配置されるアラインメント / 回転軸です。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信