コンポジット マテリアル ノードのリファレンス

Unreal Engine 4 向け製品ドキュメント (リファレンスおよびガイドを含む)

Windows
MacOS
Linux
このページ中

合成を簡単にするために、最もよく使用されるいくつかのコンポジット操作を行うための一連のノードが追加されています。ここでは、それぞれのノードを簡潔に取り上げて、その用途について説明します。

image1.png

コンポジット マテリアル ノードでは、float4 の入力が想定されているため、RGB ではなく必ず RGBA を渡します。

Over

このノードは、入力 A のアルファ値を使用して、画像 (A) を別の画像 (B) の上にレイヤー化します。

image7.png

このノードでは、入力カラー チャンネルに画像のアルファ値が事前乗算されていることが想定されています。

In

このノードは、B の形状の内側にある A の部分を返します。

image2.png

Out

このノードは、B の形状の外側にある A の部分を返します。

image3.png

PreMult

このノードは、入力の RGBA チャンネルにそのアルファ値を乗算します。

image6.png

UnPreMult

このノードは、入力の RGBA チャンネルをそのアルファ値で除算します。

image5.png

KeyMix

このノードは、指定されたマスクを使用して 2 つの画像を 1 つにレイヤー化します。

image4.png

タグ
Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信