シーケンサによるリアルタイム コンポジット

Unreal Engine 4 向け製品ドキュメント (リファレンスおよびガイドを含む)

Windows
MacOS
Linux

エンジン内シネマティック エディタであるシーケンサを Composure コンポジット システムと併用できます。 

image1.gif

シーケンサは主に以下の目的で使用できます。 

  1. シーン カメラ (コンポジット システムで参照される) を制御する。

  2. コンポジットおよびそれが寄与するピースをレンダリングする。Arbitrary Output Values (AOV) も含まれます。シーケンサはエンジンの外部でのコンポジットに役立ちます。

エレメントおよび AOV のレンダリング

任意のコンポジット エレメントをシーケンスに追加して、 [Render Movie Settings (ムービー出力の設定)] ダイアログを使用して ComposureExport 出力形式でシーケンスをレンダリングするときに、その出力を公開する必要があることを示すことができます。

image2.png

そのようなエレメントがこのプロセスを一部としてレンダリングされる場合、その最終的な出力は、ダイアログで指定されたファイル名形式を使用して EXR 画像としてディスクに書き込まれます。 {element} および {pass} のディレクトリおよびファイル名のオプションに付加的な形式指定子を含めることができます。

シーケンサの [Export Output (エクスポート出力)] に複数の要素が含まれている場合、ファイル名に {element} が含まれていなければ、それらの画像は同じ画像ファイルが上書きされます。

image3.png

CG キャプチャの [Buffers to Export (エクスポートするバッファ)] を設定することによって、各要素でエクスポートされる追加の AOV を各要素に対して指定できます。

image4.gif

新しいバッファ視覚化マテリアルを追加し、それを次の形式で [Engine.BufferVisualizationMaterials] コンフィグ セクションに追加することによって、カスタム AOV を実装することもできます。

CustomAOV=(Material="/Game/AOVs/CustomAOV.CustomAOV", Name=LOCTEXT("CustomAOV", "CustomAOV"))

シーケンサによるコンポジット

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信