詳細検索シンタックス

コンテンツ ブラウザでの詳細検索シンタックスのリファレンスです。

Windows
MacOS
Linux

Content Browser では、詳細なシンタックスを使って検索できます。詳細検索シンタックスは、高度な検索クエリをサポートします。アセットのメタデータのキー/値のペア単位で検索でき、特定のキー値にアクセスできます。

AdvancedSearchSyntax.png

シンタックスのリファレンス

次の表に、利用できる演算子を示します。

演算子 (タイプ)

シンタックス

説明

使用例

等しい (バイナリ)

=
==
:

指定されたキーについて返される値と指定された値が等しいかどうかを評価します。

Name="Blast"
Name==Blast
Name:Bla...

等しくない (バイナリ)

!=
!:

指定されたキーについて返される値と指定された値が等しくないかどうかを評価します。

Name!=Blast
Name!:"Blast"

より小さい (バイナリ)

<

指定されたキーについて返される値が指定された値よりも小さいかどうかを評価します。数値のみサポートします。

Triangles<92

以下 (バイナリ)

<=
<:

指定されたキーについて返される値が指定された値以下であるかどうかを評価します。数値のみサポートします。

Triangles<=92
Triangles<:92

より大きい (バイナリ)

>

指定されたキーについて返される値が指定された値よりも大きいかどうかを評価します。数値のみサポートします。

Triangles>92

以上 (バイナリ)

>=
>:

指定されたキーについて返される値が指定された値以上であるかどうかを評価します。数値のみサポートします。

Triangles>=92
Triangles>:92

OR (バイナリ)

OR
||
|

2 つの値を評価して、1 つ以上が true を返せば true を返します。

Blast OR Type:Blueprint
!Blast || Path:Testing
Name:"Blast" | Path:Testing...

AND (バイナリ)

AND
&&
&

2 つの値を評価して、両方が true を返せば true を返します。

Blast AND Type:Blueprint
!Blast || Path:Testing
Name:"Blast" | Path:Testing...

NOT (単項前置)

NOT
!

演算子に続く値を評価して、その結果を逆にして返します。

NOT Blast
! "Blast"

テキスト比較の反転 (単項前置)

-

テキストの値を変更して、関与する演算の結果を逆にして返すようにします。

-Blast
-"Blast"

テキストの厳密比較 (単項前置)

+

テキストの値を変更して、完全一致でのテキスト比較を行うようにします。

+Blast
+"Blast"

テキスト比較のアンカー (単項前置)

...

テキストの値を変更して、指定した文字列を末尾に含むかどうかについてテキストを比較します。

...ast
..."ast"

テキストの厳密比較 (単項前置)

...

テキストの値を変更して、指定した文字列を先頭に含むかどうかについてテキストを比較します。

Bla...
"Bla"...

特殊なキー

検索で利用できるキーの多くは、アセットのメタデータにあるもので、アセット レジストリから抽出されます。ただし、すべてのアセット タイプに共通する特殊なキーがいくつかあります。これらの特殊なキーは、「等しい」「等しくない」の比較演算子のみをサポートします。

キー

エイリアス

説明

Name

--

アセットの名前。

Path

--

アセットのパス。

Class

Type

アセットのクラス。

Collection

Tag

そのアセットを含むすべてのコレクションの名前。

文字列

文字列は引用符 (一重または二重) で囲むこともできるし、囲まなくても検索できます。引用符はネストできますが、ネストされた引用符をエスケープするにはバックスラッシュ (\) を使う必要があります。引用符で囲まれた文字列とそうでない文字列の主な違いは、引用符内ではスペースや特殊文字を検索語句として使用できることです。デフォルトではテキストの部分一致で検索されます。`テキストの厳密比較`や`テキスト比較のアンカー`の演算子を使うとその挙動を変更できます。

一重引用符、二重引用符、バックスラッシュの使用例を次に示します。

"Foo\"bar"  ->  Foo"bar
'Foo\'bar'  ->  Foo'bar
"Foo\'bar"  ->  Foo'bar
'Foo\"bar'  ->  Foo"bar
"Foo\\bar"  ->  Foo\bar
'Foo\\bar'  ->  Foo\bar

バックスラッシュをエスケープするには、リテラル バックスラッシュ (\) を使用する必要があります。

アセットのメタデータ

コンテンツ ブラウザでアセット名にマウス カーソルを合わせると、アセットのメタデータが表示されます。そのデータを演算子の引数として使用できます。 AssetMetaData.png

メタデータはアセットの種類によって異なります。たとえば、スタティック メッシュとスケルタル メッシュでは異なるメタデータが表示されます。これらのメタデータを使用して検索をテストできます。

[メタデータ名] [演算子] [文字列または数値]

Triangles>=10500
Type==Skeletal
UVChannels>2
CollisionPrims!=0

メタデータは大文字と小文字を区別しません。また、文字間のスペースは不要です。たとえば、Morph Target と MorphTarget は同じになります。

基本的な検索の例

基本的な検索は、メタデータ オブジェクト 1 つを対象に、1 つの演算子を使用して文字列または値を評価します。

たとえば、1500 以上の三角ポリゴンがあるアセットを検索するには次のようにします。

Triangles>1500

特定のタイプのアセットを検索することもできます。

Type==Blueprint

詳細な検索の例

ANDORNOT の演算子を使うと、一度に複数の検索演算子を評価できます。たとえば、半透明のマテリアルを使用していて、デフォルトの Lit シェーディング モデルを使用しているアセットを検索できます。

BlendMode==Translucent AND ShadingModel==DefaultLit

AND 演算子を使うと、ブレンド モードとシェーディング モデルの両方について演算子が評価され、両方が True となったものが結果として返されます。OR 演算子を使うと、どちらかの演算子が True となれば、結果として表示されます。つまり、ブレンド モードが Translucent であるマテリアルのなかにシェーディング モデルがデフォルトの Lit ではなかったものがあったとしても、それらも結果として表示されます。複雑な検索では、同じタイプの演算子は常に結合されます。複数のタイプの演算子を使う場合、括弧を使うことで曖昧さを解消できます。たとえば、2 つの検索を実行して、その結果を評価して表示できます。最初の処理では、ブレンド モードが Translucent、シェーディング モデルがデフォルトの Lit であるマテリアルを検索します。

BlendMode==Translucent AND ShadingModel==DefaultLit

2 つ目の処理では、マテリアル ドメインが DeferredDecal で、シーン カラーを使用していないものを検索します。

MaterialDomain==DeferredDecal AND HasSceneColor==False

括弧でくくることで、それぞれの検索の結果を評価できます。

(BlendMode==Translucent AND ShadingModel==DefaultLit) OR (MaterialDomain==DeferredDecal AND HasSceneColor==False)

括弧の間に OR 演算子を置くことで、それぞれの括弧内が評価されて、1 つ以上が True であれば結果として表示されます。括弧の間に AND 演算子を置くと、4 つの演算子すべての評価結果が True である場合に結果として表示されます。

レガシーの挙動

従来の単純な検索のシンタックスとの互換性を維持するために、引用符で囲まれていない検索文字列にスペースがあると、暗黙的に AND 演算子と見なされ、スペースごとに AND 演算子が挿入されます。たとえば、「one two」と検索すると、AND 演算子が暗黙的に挿入され、「one AND two」と同じ結果になります。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback