Visual Dataprep の概要

Visual Dataprep システムの仕組みとその UI の使用方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux

このページでは、Visual Dataprep システムの概要と、リアルタイム ビジュアリゼーション用の 3D データを準備するための、独自のカスタム インポート レシピの作成方法について説明します。

Visual Dataprep を有効にする

プロジェクトで次のプラグインを有効にします。

  • DataPrep Editor

  • Datasmith Importer

  • Datasmith がサポートする他の種類のソース ファイルからインポートする場合、それらのファイル タイプに対応する他のインポータ プラグインを有効にする必要があります。詳細は「Unreal Engine 4 に Datasmith コンテンツをインポートする 」を参照してください。

Architecture、Engineering、Construction、または Automotive、Product Design、Manufacturing カテゴリのテンプレートから Unreal プロジェクトを開始した場合、これらのプラグインは既に有効となっている場合があります。

Visual Dataprep アセット

Visual Dataprep システムは、Dataprep アセットと呼ばれる新しい種類のアセットに基づいています。このアセットは、視覚的に一連の手順を配列するという点でブループリントに似ています。ただし、この Dataprep Graph の目的は、指定した 1 つ以上の入力ファイルから読み取ったシーン データを変換することです。

新しい Dataprep アセットを作成するには、[コンテンツブラウザ] で右クリックし、コンテキスト メニューから [Dataprep]> [Dataprep] を選択します。

Create a Dataprep Asset

Dataprep Editor UI

ブループリント クラスと同様に、Dataprep アセットには専用のエディタ ウィンドウがあります。このウィンドウを開くには、コンテンツ ブラウザ で Dataprep アセットをダブルクリックします。

Dataprep Editor UI はいくつかのパネルに分かれており、Dataprep ワークフロー の様々なポイントで使用します。

番号

名前

説明

1

Toolbar (ツールバー)

[Import][Execute][Commit] といったアクションを含む、Dataprep ワークフローで最も重要なユーザー アクションのショートカット。.

2

Content Browser Preview (コンテンツブラウザ プレビュー)

入力ファイルからインポートしたすべてのアセットをリストします。これは、グラフを Commit (コミット) するときに Visual Dataprep システムが [コンテンツブラウザ] に作成するアセットのプレビューです。

3

Viewport Preview (ビューポート プレビュー)

入力ファイルからインポートした 3D シーンの視覚的なプレビューを表示します。

4

World Outliner Preview (アウトライナ プレビュー)

入力ファイルからインポートした 3D シーンのすべてのアクタをリストします。これは、Visual Dataprep システムがレベルで作成するアクタと、レベルの [World Outliner (アウトライナ)] で作成されるシーン階層のプレビューです。

5

Settings Panel (設定パネル)

このパネルを使用して、3D シーンをインポートする入力ファイル、およびプロジェクトの [Content Browser (コンテンツブラウザ)] でアセットを作成する場所を指定します。

Dataprep アセットの インスタンス でオーバーライドできるように Dataprep グラフでパラメータを公開している場合は、ここにリスト表示されているパラメータを [Parameterization] セクションでも確認することができます。詳細は「Dataprep インスタンスを使って作業する 」を参照してください。

6

Palette (パレット)

Dataprep Graph Editor にドラッグしてインポート レシピをビルドできる構成要素を表示します。

7

Dataprep Graph Editor (Dataprep グラフ エディタ)

Dataprep レシピを準備するエリアです。ここでは、Unreal Engine でリアルタイム ビジュアリゼーション用入力コンテンツを準備するために、左から右に Dataprep システムが実行されます。

8

Details Panel (詳細パネル)

メインレベルエディタの [Details (詳細)] パネルと同様に、[World Outliner Preview (アウトライナ プレビュー)] で選択したアクタに関する情報を表示します。これらの設定は読み取り専用であることに注意してください。これらは単なる参考情報として提供されており、アクタに対する Dataprep Graph の効果を評価できます。

Dataprep のワークフロー

下記の手順は、Visual Dataprep アセットをセットアップするための一般的なワークフローです。

  1. 入力ファイルを指定します。右上の [Setttings (Dataprep)] パネルで、インポートするファイルごと、または入力ファイルの各フォルダごとに新しい入力プロデューサーを作成します。また、以下の設定をカスタマイズすることができます。

    • Folder は、インポートされたアセットを維持するためにプロジェクトの コンテンツ ブラウザ で作成されたフォルダの名前を決定します。デフォルトでは、アセットは種類に応じて Datasmith によってこのフォルダ内のサブフォルダ (スタティックメッシュ用、マテリアル用、テクスチャ用など) へ配布されます。(Dataprep グラフの作成時に Output to Folder 操作を使ってデフォルト配布をオーバーライドすることができます。)

    • Level Name はシーンを維持するために作成される新しいレベル アセットの名前を設定します。Dataprep グラフの結果をコミットした後、サブレベルを追加することで、インポートされたシーンをプロジェクトのレベルに追加することができるようになります。

  2. 予備インポートを行います。ツールバーの [Import] ボタンを押して、ソース ファイルを一時的なワールドにインポートします。

    ファイルから読み取られたコンテンツで 3D ビューポートとその他のプレビュー パネルが更新されます。このコンテンツはまだプロジェクトに追加されていません。Dataprep Editor だけに存在する一時的なワールドにあります。これにより、プロジェクトに結果を保存する前に、入力ファイルから読み取ったアセットとシーン階層を変更できます。

    この手順は厳密に言えば必須ではありませんが、Dataprep Graph をビルドするときに、Dataprep Graph の効果を簡単に評価できるようになります。

  3. Dataprep Graph をビルドします。Select By ノードと Operations** ノードをパレットから Dataprep Graph Editor にドラッグし、Action ノードを実行したい順序で接続します。以下の 「Dataprep Graph」 を参照してください。以下の 「Dataprep Graph」 を参照してください。

  4. グラフをテストします。ツールバーの [Execute] ボタンを押して、ビルドした Dataprep Graph を使用してソース ファイルからインポートしたデータを実行します。プレビュー パネルが更新され、結果が表示されます。

  5. コミットします。入力ファイルからインポートした 3D データに対するグラフのエフェクトが満足のいくものなら、ツールバーの [Commit] ボタンを押してインポート処理を完了させます。

    結果をコミットすると、Visual Dataprep システムは [Content Browser Preview (コンテンツ ブラウザ プレビュー)] のアセットをプロジェクトのアセットに保存します。また、現在開いているレベルを変更して、[World Outliner Preview (アウトライナ プレビュー)] に表示されるアクタの階層を追加します。

    アクタ階層を新しいレベルにインポートする場合は、[Settings (Dataprep)] パネルの [Sub-Level] 設定でレベルの名前を設定します。Visual Dataprep システムは、(まだ存在しない場合) この名前で新しいレベルを作成し、そのレベルにアクタを追加します。そして、Unreal Editor のメイン ウィンドウで現在開いているレベル内のサブレベルとしてそのレベルを追加します。

Dataprep Graphs

Dataprep アセットの中心は Dataprep Graph です。つまり、ここで指定した入力ファイルのセットに対してシステムが実行する一連の操作を行います。

すべての Dataprep Graph は Action ノードと呼ばれる構成要素 (ブロックが垂直に重なったもの) で作成されています。例えば、上記のグラフには 3 つの Action ノードが含まれています。Dataprep Graph を実行すると、左側の Start ノードから開始し、各 Action ノードを左から右の順に実行します。

条件付きで分岐が可能なブループリント グラフとは異なり、Dataprep Graph は常に分岐のない単一の実行パスに沿って左から右に進行します。また、連続する Action ノード間にデータフローはありません。すべての Action は同じものを使用します。つまり、指定した入力ファイルからインポートされるアセットとアクタのセットを使用します。

各 Action ノードは、1 つ以上のブロックのスタックです。Dataprep Graph がアクションを実行すると、Action ノードの各ブロックが上から下に処理されます。

アクションのビルドを作成するには、左側のパレットからブロックをグラフ エディタにドロップするか、グラフ エディタのバックグラウンドを右クリックして状況に応じたパレットからブロックを選択します。

Operations、Filters、Transforms

基本的な 3 種類のブロックを Dataprep Action ノードで使用することができます。

  • Operations はアセットまたはアクタを事前定義した方法で変更します。例えば、上記の Set MaterialCompact Scene GraphSet Simple Collision のそれぞれのブロックは、すべて異なる種類のオペレーションです。

    Dataprep Graph で使用できるすべての様々なオペレーションの詳細については、「Visual Dataprep 操作リファレンス」 を参照してください。

  • フィルタ (Select By ブロックとも呼ばれます) は、現在の アクション ブロックでそれらのオペレーションが変更するアセットとアクタを決定します。デフォルトでは、すべての Action ステップは、入力ファイルから構築された一時的なワールドに含まれるすべてのアセットとアクタに対してオペレーションを実行します。これらの フィルタ ブロックを使用して、これらのアセットおよびアクタのサブセットを定義し、それによって Action ノードが変更するオブジェクトを制御できます。

    Dataprep Graph で使用できるすべてのフィルターの詳細については、「Visual Dataprep セレクション リファレンス」 を参照してください。

  • Transforms は選択中のアセットとアクションを複雑な方法で変更します。この点において、フィルタと似ています。ただし、フィルタ ブロックは、そこに渡されたオブジェクトのリストの絞り込みのみ行います。対照的にトランスフォーム ブロックは現在選択しているものにオブジェクトを追加することができます。

    たとえば、シーン階層から特定のツリー オブジェクトを選択するとします。そのために、フィルタ ブロックを使ってシーン要素のフルセットを少数の特定の親要素に絞って、トランスフォーム ブロックを使ってその選択を再拡張して選択した要素の子供を含みます。

    アクタ内で選択したオブジェクトのセットを拡張または変更するために使用する各種トランスフォームの詳細は「Visual Dataprep Selection Transform Reference 」を参照してください。

Action の例

以下に示す Action は、CAD アセンブリの部品に新しいマテリアルを設定しています。このノードは一連のステップを実行し、フィルタとオペレーションのスタックを通してデータを上から下に処理します。

Sample Action node

ステップ番号

名前

ブロックタイプ

説明

1

Input Pin

N/A

Action は、すべてのアセットとアクタを含む一時的なワールドからすべてのデータを収集し、それらのオブジェクトをスタックの一番上のブロックに渡します。

2

Filter by Tag

Filter

このフィルタは、「Metal」タグを持つアクタのみを保持し、そのアクタのリストを次のブロックに渡します。

3

Filter by Actor Label

Filter

このフィルタは、名前に「Mechanical」という単語が含まれるアクタのみを保持し、それらを次のブロックに渡します。

4

Set Simple Collision

Operator

この操作は、上記のフィルタで識別された一連のアクタによって参照される、すべての Static Mesh アセットにボックス コリジョン形状を設定します。そして、アクタの同じリストを次のブロックに渡します。

5

Set Material

Operator

最後の操作は、上記のフィルタで識別されたアクタのセットが所有するすべてのスタティック メッシュ コンポーネント上のすべてのマテリアルを見つけ、それらのマテリアルをブロックの Material 設定で代わりに指定します。

このアクションのすべてのブロックが完了したら、グラフの次のアクションの実行が開始します。次のアクションが開始すると、テンポラリ ワールドからすべてのデータを再度集めます。前のブロックによって整備されたすべてのフィルタは考慮されなくなります。ただし、マテリアルの変更、アクションの削除など、前のアクションによるシーンの変更は次のアクションへ維持されます。

フィルタを使用する

すべてのフィルタ ブロックは、操作ブロックで変更するアセットとアクタの正確なリストの取得と、フィルタに期待どおりの効果があるかの確認を容易にするオプションがあります。

これらのオプションにアクセスするには、フィルタ ブロックを右クリックして、コンテキスト メニューの [Filter] セクションを開きます。

Filter actions submenu

複数のフィルタ ブロックに影響を与えるには、Control キーを押しながら選択対象のすべてのブロックを左クリックします。影響を与えるブロックがすべて強調表示されたら、強調表示されたブロックのいずれかを右クリックします。

フィルタのロジックを反転する

[Filter] > [Inverse Filter(s) Selection] を選択して Select By ブロックの選択ロジックを Exclude By ブロックに変えます。これにより、同じアクションの操作は、設定した条件に一致 しない シーン要素のセットにのみ適用されます。

フィルタ結果をプレビューする

[Filter] > [Preview Filter(s)] を選択して [Content Browser Preview] パネルと [World Outliner Preview] パネルでフィルタで選択されたすべてのアセットとアクタの横にチェックマークを表示させます。

Preview of objects matched by the selected filters

一度に表示できるのは 1 つのフィルタ、または選択した 1 セットのフィルタとなります。ことなるフィルタまたは異なるフィルタ セットのプレビューを開始すると、前のフィルタのプレビューは停止します。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信