3ds Max から Datasmith コンテンツをエクスポートする

Unreal Editor にインポート可能な Datasmith ファイルに 3ds Max のシーンをエクスポートする方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

3ds Max 用 Datasmith エクスポータ プラグインをインストールすると、3ds Max からシーンをエクスポートする際に、.UDATASMITH ファイル タイプを新たに使用できるようになります。

この新しいファイル タイプを使用してシーンをエクスポートするには、3dx Max で以下の手順に従います。

  1. 3ds Max の [File (ファイル)] メニュー、またはメイン メニュー バーの一番左にある [MAX] メニューから [Export (エクスポート)] を選択します。

    Select File to Export

  2. 以下のように設定します。

    Set folder, type and file name

    1. Save in (保存場所): 新規 Datasmith ファイルの保存場所を選択します。

    2. File Name File Name (ファイル名): ファイルに名前を付けます。

    3. Save as type Save as type (保存のタイプ): Unreal Datasmith (*.UDATASMITH) を選択します。

  3. [Save (保存)] をクリックします。

  4. [Datasmith Export Options] ウィンドウでは、エクスポートするファイルに含める情報をフィルタリングして、Unreal Engine に取り込むことができます。

    Datasmith export options for 3ds Max

    設定

    説明

    Include

    エクスポートするファイルに含める、シーン内のオブジェクトを指定します。

    • Visible objects (可視オブジェクト) - エクスポートするファイルには、現在 3ds Max で表示されている、シーン内のすべてのオブジェクトが含まれます。

    • Selection (選択項目) - エクスポートするファイルには、現在選択している可視オブジェクトのみが含まれます。

    Animated Transforms

    エクスポータがオブジェクトをアニメートされた 3D トランスフォームで処理する方法を指定します。

    • Current Frame Only (現在のフレームのみ) - エクスポートするファイルに、アニメーション データなしに、現在のフレームに表示されるシーン内のオブジェクトのみを含めます。

    • Active Time Segment (アクティブ タイム セグメント) - エクスポートするファイルに、3ds Max のタイムラインで現在アクティブなタイム セグメント内でアニメートされる 3D トランスフォームを持つオブジェクトのアニメーション データを含めます。このアニメーション データはインポータによってレベル シーケンスに変換されます。これにより、Unreal Engine 内でアニメーションを再生することができます。

    ここでの設定にかかわらず、Datasmith エクスポータでは常に 3ds Max の現在のフレーム内にあるシーン オブジェクトの状態に基づいてエクスポートするデータを判断します。アニメートされたメッシュの歪みや、他のサブオブジェクト アニメーションがある場合、インポート後に Unreal Engine で表示されるアセットおよびアクタには、シーンのエクスポート時に選択したフレーム内のこれらのオブジェクトの状態が反映されます。

  5. [OK]をクリックします。

エクスポートが完了すると、エクスポータによってコンテンツに関連した問題のレポートが表示されます。通常、これらはエクスポータによる変換が不完全であったものや、3ds Max と同じように Unreal Engine では表示されない可能性があるものについての通知です。

3ds Max conversion notes and warnings

最終結果

これで、新規の「 .udatasmith 」ファイルを Unreal Editor にインポートする準備が整いました。「Datasmith コンテンツを Unreal Engine 4 にインポートする」 を参照してください。

新規の「.udatasmith」ファイルとともに、このファイルと同じ名前に _Assets サフィックスが付いたフォルダが作成されます。「.udatasmith 」ファイルを別の場所に移動する場合は、このフォルダも同じ場所に移動してください。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信