MAXScript を使用して Datasmith のエクスポートを自動化する

Datasmith によって公開される MAXScript インターフェースと、それを使用して 3ds Max シーンをエクスポートする方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux

3ds Max の Datasmith エクスポート プラグインは、インストールおよびアクティブ化されるたびに MAXScript 環境に小さな DatasmithExport インターフェースを追加します。このインターフェースを使用することで、「3ds Max から Datasmith コンテンツをエクスポートする」 で説明されている手動で行う方法に従わなくても、3ds Max シーンを「.udatasmith」ファイルにエクスポートするプロセスを自動化できます。

次の MAXScript コード例は、すべてのシーン オブジェクトとアニメーションを含む 3ds Max シーンをエクスポートする方法を示しています。

DatasmithExport.IncludeTarget = #VisibleObjects               -- or #SelectedObjects
DatasmithExport.AnimatedTransforms = #ActiveTimeSegment       -- or #CurrentFrame
DatasmithExport.Export "D:\path\filename.udatasmith" false    -- set your own path and filename

`DatasmithExport` MAXScript インターフェース

以下のセクションでは、DatasmithExport インターフェースによって公開されるプロパティとメソッドについて説明します。

`IncludeTarget`

  • 型: enum

  • アクセス:読み込み、書き込み

エクスポートするファイルに含める、シーン内のオブジェクトを指定します。

  • #VisibleObjects - エクスポートするファイルには、現在 3ds Max で表示されているシーン内のすべてのオブジェクトが含まれます。これがデフォルト値です。

  • #SelectedObjects - エクスポートするファイルには、現在選択している可視オブジェクトのみが含まれます。

`AnimatedTransforms`

  • 型: enum

  • アクセス:読み込み、書き込み

エクスポータがオブジェクトをアニメートされた 3D トランスフォームで処理する方法を指定します。次のいずれかの値を受け取ります。

  • #CurrentFrame - エクスポートするファイルに、アニメーション データなしに、現在のフレームに表示されるシーン内のオブジェクトのみを含めます。これがデフォルト値です。

  • #ActiveTimeSegment - エクスポートするファイルに、3ds Max のタイムラインで現在アクティブなタイム セグメント内でアニメートされる 3D トランスフォームを持つオブジェクトのアニメーション データを含めます。このアニメーション データはインポータによってレベル シーケンスに変換されます。これにより、Unreal Engine 内でアニメーションを再生することができます。

ここでの設定にかかわらず、Datasmith エクスポータでは常に 3ds Max の現在のフレーム内にあるシーン オブジェクトの状態に基づいてエクスポートするデータを判断します。アニメートされたメッシュの歪みや、他のサブオブジェクト アニメーションがある場合、インポート後に Unreal Engine で表示されるアセットおよびアクタには、シーンのエクスポート時に選択したフレーム内のこれらのオブジェクトの状態が反映されます。

`Version`

  • 型: int

  • アクセス:読み取り専用

このバージョンの 3ds Max 用 Datasmith エクスポータがコンパイルされた Unreal Engine のバージョン番号を整数で返します。

`Export(strFilename, boolSuppressWarnings)`

  • 型: method

エクスポート プロセスを開始します。このメソッドには、次のパラメータが必要です。

パラメータ

説明

strFilename

string

エクスポーターが作成する「.udatasmith」ファイルの絶対パスとファイル名です。

boolSuppresWarnings

Boolean

自動エクスポートで、通常はシーン内のコンテンツがエクスポートされた方法に関するメモと、警告を表示するウィンドウを非表示にするかどうかを決定します。エクスポートの完了時にユーザーがウィンドウを閉じる必要なく、スクリプトを無人または目立たせずに実行したい場合は、これを true に設定します。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信