SketchUp Pro 用 Datasmith エクスポータ プラグインをインストールする

SketchUp Pro 用 Datasmith エクスポータ プラグインのインストールとアンインストールの方法について説明します。

Windows
MacOS
Linux

Unreal Engine で SketchUp のコンテンツを使用した作業を開始する前に、SketchUp 用の Unreal Datasmith エクスポータ プラグインをインストールする必要があります。

エクスポータ プラグインで現在サポートされている SketchUp のバージョンについては、「Datasmith でサポートされているソフトウェアとファイル形式」 を参照してください。

Datasmith エクスポータ プラグインのダウンロード リンクは、所属している組織の内外を問わず不特定多数のユーザーと共有できます。ただし、Datasmith Exporter プラグイン自体を配布することは許可されていないことに留意してください。

SketchUp 用 Datasmith エクスポータ プラグインをインストールする

次の手順に従って、コンピュータにインストールした、サポートされているバージョンの SketchUp の Datasmith Exporter プラグインをインストールしてください。

  1. マシン上で実行している SketchUp のインスタンスをすべて閉じます。まだ実行中のインスタンスがあると、インストールは失敗します。

  2. 旧バージョンの Datasmith エクスポータ プラグインがインストールされている場合は、あらかじめアンインストールしておくことを推奨します。詳細については、「SketchUp 用 Datasmith エクスポータを削除する」 を参照してください。

  3. エクスポータ プラグインのインストーラを 「Datasmith エクスポート プラグインのダウンロード」 ページからダウンロードします。

  4. ダウンロードが完了したら、インストーラを実行します。

    Datasmith Exporter for SketchUp Pro installer

  5. 画面に表示されるプロンプトに従って続行し、使用許諾契約に同意します。

  6. インストーラによって、お使いのシステムにインストールされている SketchUp Pro のバージョンが自動検出されます。Datasmith 経由でのエクスポートを可能にする各バージョンのチェックボックスをオンにして、[Install (インストール)] をクリックします。

    Choose SketchUp Pro versions

最終結果

Datasmith エクスポータ プラグインがインストールされたので、シーンを「 .udatasmith 」ファイルとして SketchUp からエクスポートできるようになりました。「SketchUp Pro から Datasmith のコンテンツをエクスポートする 」を参照してください。

Epic では、Unreal Engine のすべての新リリースに合わせて SketchUp 用 Datasmith エクスポータ プラグインの新バージョンもリリースしています。Unreal Engine を別のバージョンに切り替える場合は、必ず該当するバージョンのプラグインをダウンロードしてインストールしてください。

SketchUp 用 Datasmith エクスポータを削除する

Windows 標準のコントロール パネル ユーティリティで Unreal Datasmith Exporter for SketchUp アプリケーションを検出し、削除します。

例えば、Windows 10 の場合は [Apps & features (アプリと機能)] コントロール パネルを使用します。リストにある Datasmith エクスポータ プラグインのエントリをクリックして、[Uninstall (アンインストール)] をクリックします。

クリックしてフルサイズで表示。

または、コントロール パネルの [Uninstall or change a program (プログラムのアンインストールまたは変更)] を使用します。Datasmith エクスポーター プラグインのエントリを右クリックして、コンテキスト メニューから [Uninstall (アンインストール)] を選択します。

クリックしてフルサイズで表示。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信