アニメーションのインポート方法

アニメーションをインポートする方法について学習しましょう。

Windows
MacOS
Linux

3DS MaxMayaBlender などの外部の 3D モデリング アプリケーションからアニメーションを Unreal Engine にインポートすることができます。3DS Max と Maya を使用してこのレッスンのゴールを示していますが、保存機能があれば、どの3D モデリング アプリケーションからでも Unreal Engine にアニメーションをインポートすることができます。

開始する前に、3D モデリング アプリケーションを利用できることを確認してください。

目標

外部の 3D モデリング アプリケーションからアニメーションをインポートする方法を中心に説明します。

目的

このガイドでは、以下の習得を目指します。

  • 外部の 3D モデリング アプリケーションからアニメーションをエクスポートする方法

  • 外部の 3D モデリング アプリケーションからアニメーションをアンリアル エディタにインポートする方法

UE4 の FBX インポート パイプラインでは、FBX 2018 を使用します。エクスポート中に他のバージョンを使用すると、互換性がなくなる場合があります。

3D Art Tool を選択してください。

Autodesk Maya

Autodesk 3ds Max

アニメーションのエクスポート

アニメーションは、スケルタルメッシュごとに 1 つのアニメーションを 1 つのファイルでエクスポートしなければなりません。

  1. ビューポートから、エクスポートされるジョイントを選択します。

    maya_export_1.jpg

  2. [File] メニューから、 [Export Selection] を選びます (選択に無関係にシーン内のすべてをエクスポートする必要がある場合は [Export All] を選びます)。

    maya_export_2.jpg

  3. アニメーションのエクスポート先となる FBX ファイルの位置と名前を選択して、 [FBX Export] ダイアログに適切なオプションを設定します。アニメーションをエクスポートするには、 [Animations (アニメーション)] チェックボックスを有効にしなくてはいけません。

    maya_export_3.jpg

  4. maya_export_button.jpg ボタンをクリックして、メッシュ (複数可) を含んだ FBX ファイルを作成します。

  1. ビューポートから、エクスポートされるアニメーションに対応するボーンを選択します。

    max_export_1.jpg

  2. [ファイル] メニューから、 [Export Selected (選択対象をエクスポート)] を選びます (選択に無関係にシーン内のすべてをエクスポートする必要がある場合は [Export All (すべてエクスポート)] を選びます)。

    max_export_2.jpg

  3. アニメーションのエクスポート先となる FBX ファイルの位置と名前を選択して、 max_save_button.jpg ボタンをクリックします。

    max_export_3.jpg

  4. [FBX Export] ダイアログで適切なオプションを設定します。アニメーションをエクスポートするには、 [Animations (アニメーション)] チェックボックスを有効にしなくてはいけません。

    max_export_4.jpg

  5. max_ok_button.jpg ボタンをクリックして、メッシュ (複数可) を含んだ FBX ファイルを作成します。

アニメーションのインポート

アンリアルの FBX アニメーション インポート パイプラインを使用すると、スケルタルメッシュの有無にかかわらずアニメーションをインポートすることができます。

スケルタルメッシュ有りのアニメーションのインポート

  1. コンテンツ ブラウザ[Import] ボタンをクリックします。

    ImportButton_UI.png

  2. インポートする FBX ファイルを探して選択します。

    ImportDialogBox.png

  3. プロジェクトへの FBX ファイルのインポートを開始するには、Open をクリック します。

  4. [FBX Import Options(FBX インポート オプション)] ダイアログから適切な設定値を更新します。

    既存のスケルトンを共有しないメッシュをインポートする場合は、デフォルト設定で十分です。LOD (Level of Detail) のインポート時には、インポートされたメッシュの名前はデフォルトの 命名規則 に従います。すべての設定の詳細については、FBX インポート ダイアログ のドキュメントをご覧ください。

    FBXImportOptions.png

    FBX Importer には、2 種類のインポート ボタンがあります。ひとつめのオプションは、[Import] ボタンです。指定された設定で現在選択中の FBX ファイルをインポートすることができます。二つめのオプションは、[Import All] ボタンです。指定された設定で現在選択中のすべての FBX ファイルをインポートすることができます。

    FBX Importer で利用可能な設定に関する情報は、 FBX インポート オプションのリファレンス ページをご覧ください。

  5. [Import (インポート)] または [Import All (すべてインポート)] をクリックすると、メッシュがプロジェクトに追加されます。

  6. このプロセスが成功すると、コンテンツ ブラウザ 内にインポートしたスケルタルメッシュとアニメーションが表示されます。

    ImportedAnimations.png

    デフォルトで、インポートしたアニメーションを保持するために作成されたアニメーション シーケンスにスケルトンのルート ボーンの名前が付けられます。

スケルタルメッシュ無しのアニメーションのインポート

Unreal Engine では、単一の FBX ファイルに複数のアニメーションを入れてインポートできますが、 3ds Max や Maya などの多くの DCC ツールは単一ファイルへの複数アニメーションの保存を現時点でサポートしていません。Motion Builder などのサポートしているアプリケーションからエクスポートした場合、Unreal Engine アンリアルはそのファイルに入っている全てのアニメーションをインポートします。

このセクションを開始する前に、まず、アニメーションのインポート先となる アニメーション シーケンス が必要です。アニメーション シーケンスは、 コンテンツ ブラウザ から、もしくは アニメーション シーケンス エディタ から直接作成できます。

  1. エディタ内で、[Import] ボタンをクリックします。

    ImportButton_UI.png

  2. インポートする FBX ファイルを探して 選択 します。

    ImportDialogBox.png

  3. プロジェクトへの FBX ファイルのインポートを開始するには、Open をクリック します。

  4. [FBX Import Options(FBX インポート オプション)] ダイアログから適切な設定値を更新します。

    既存のスケルトンを共有しないメッシュをインポートする場合は、デフォルト設定で十分です。LOD (Level of Detail) のインポート時には、インポートされたメッシュの名前はデフォルトの 命名規則 に従います。すべての設定の詳細については、FBX インポート ダイアログ のドキュメントをご覧ください。

    AnimationImportOptions.jpg

    個別にアニメーションをインポートする場合は、既存のスケルトンを指定しなくてはいけません!

  5. このプロセスが成功すると、コンテンツ ブラウザ 内にインポートしたスケルタルメッシュとアニメーションが表示されます。

    ImportedAnimations.png

    デフォルトで、インポートしたアニメーションを保持するために作成されたアニメーション シーケンスにスケルトンのルート ボーンの名前が付けられます。

不均等なスケーリングのアニメーションのアンリアルのサポートについては、不均等なスケール アニメーション のドキュメントをご覧ください。

ガイドの最後まで終了したので、以下について学習したことになります。

✓ 外部の 3D モデリング アプリケーションからアニメーションをエクスポートする方法
✓ 外部の 3D モデリング アプリケーションからアニメーションを Unreal Editor にインポートする方法

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback