Eye-Dome Lighting を有効にする

Eye Dome lighting を有効にして、輪郭を強調して奥行きを出す方法を説明します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

Eye-Dome Lighting (EDL) は、近くにあるオブジェクトをグループ化し、それらの輪郭に影をつけ、奥行きを出すことで、点群内でオブジェクトの形状を際立たせるライティング モードです。EDL はポストプロセス マテリアルとして実装されており、動作にはポストプロセス ボリュームを必要とします。エンジンのライトソースは一切使用しないため、Unlit レンダリング手法で使用することができます。

EDL はアンビエント オクルージョンと併用することができますが、画像が極度に暗くなる可能性があります。

手順

  1. [Modes] タブ > [Volumes] カテゴリ > [Post Process Volume] から Post Process Volume にアクセスします。

  2. ポストプロセス ボリューム (PPV) をレベルにドラッグして新しいインスタンスを作成します。

  3. レベル内で新規インスタンスを選択し、[Rendering Features (レンダリング機能)] カテゴリへスクロールします。[Post Process Materials] を展開して + アイコンをクリックして新規追加します。ドロップダウン メニューから [Asset reference (アセット参照)] を選択します。

    Post_Process_Material.png

  4. [View Options][Engine Content][Plugin Content] を有効にして視覚化します。

  5. 新しいドロップダウン メニューから以下の 2 つのオプションのいずれかを選択します。

    • M_PP_EDL_MainPass - EDL を点群だけでなく、レベル内の各オブジェクトに適用します。点群要素の表示のみ行う場合は、このオプションを推奨します。

    • M_PP_EDL_CustomPass - Custom Depth Pass を使用しているオブジェクトのみに EDL を適用します。この設定は [Advanced (詳細)] セクションの [Rendering] にあります。点群、その他のメッシュに適用することができます。選択した技術に適用する場合に推奨するオプションです。 [Custom Depth Pass (カスタム深度パス)] を有効にするとパフォーマンス負荷が発生します。

  6. EDL をレベル全体に適用するには、PPV で [Infinite Extent (Unbound) (無制限)] オプションを有効にします。

    Unbound.png

結果

EDL がレベルに適用されました。レベル内のオブジェクトの輪郭への変化と、それに伴う深度感覚の向上に注目してください。

LiDAR_PPV_BugEye.png

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信