4 - マテリアルの Static Mesh アクタへの適用

Static Mesh アクタにマテリアルを適用する方法を学習しましょう。

Windows
MacOS
Linux

いよいよ仕上げのステップになりました!

このステップの目的は、インポートしたスタティック メッシュに マテリアル を適用することです。具体的には、以下について学習します。

アクタのデフォルト マテリアルを設定する

このセクションでは Static Mesh アクタ のデフォルト マテリアルの設定方法を説明します。アクタ がレベル内に配置される時には必ずデフォルト マテリアルが使われます。

  1. コンテンツ ブラウザ 内で、前のステップでインポートしたアセットをダブルクリックします。

    newBrowserContenAsset.png

    スタティックメッシュ エディタ に編集用のアセットが取り込まれます。

    StaticMeshEditor.jpg

  2. [Details (詳細)] パネルの LOD0 で [Material] ドロップダウン メニューをクリックします。

    LOD0.png

  3. 前のステップで作成した 'Rock' マテリアル を選択します。選択ウィンドウでマテリアルを利用できます。

    selectRockMaterial.png

    新しく適用したマテリアルを有効にするために [Preview (プレビュー)] ペイン が更新されます。

    NewDefaultMaterial.jpg

  4. まず [Save (保存)] ボタンをクリックしてから、 マテリアル エディタ を閉じます。

  5. コンテンツ ブラウザ 内で新しくテクスチャ化した Static Mesh アクタをレベル内にドラッグ&ドロップします。

    newMaterialInLevel.png

    このアセットをレベル内に配置する場合は、指定した マテリアル が使用されます。

アクタが使用するマテリアルを変更する

レベル内に Static Mesh オブジェクトを置く時に、オブジェクト (アクタ) のインスタンスを作成しました。その アクタ のインスタンスのそれぞれに、マテリアルを指定することができます。

Static Mesh アクタの マテリアルは以下の手順で変更します。

  1. Static Mesh アクタ を選択します。

    newStatisMeshSelected.png

  2. [Details (詳細)] パネルの [Material] セクションで、[Materials] ドロップダウン メニューをクリックします。

    materialDropDown.png

  3. ポップアップ メニューで、別のマテリアルを選択します。

    selectTutorialAssetMat.png

  4. または、新しいマテリアルを Static Mesh アクタ 上にドラッグ&ドロップします。

    newMaterialDrop.png

以下の方法で、Static Mesh アクタにマテリアルを適用しました。

  • アクタのデフォルト マテリアルを設定する。

  • アクタが使用するマテリアルを変更する。

アーティスト向けクイック スタート ガイドが終わりました。ここまでに修得したスキルは以下の通りです。

プロジェクトの設定
マテリアルの作成
マテリアルの編集
Static Mesh アクタへのマテリアルの適用

ご自分で試しに作業してみる準備はできましたか?

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信