プラットフォームごとの LOD

プラットフォームに基づくスケルタル メッシュの LOD の設定

Windows
MacOS
Linux
On this page

複数のレベルオブディテール (LOD) のスケルタル メッシュがある場合、離れたオブジェクトのレンダリング コストを削減できます。ただし、この情報を格納するために追加のメモリが必要なので、メモリなどリソースに制限があるプラットフォームでは問題になります。以下の操作ガイドでは、プラットフォームで使用できるスケルタル メッシュの LOD 数を制限する方法を説明します。

手順

次のセクションでは、UE4 プロジェクトを PC、コンソール、モバイル プラットフォームで使用するときに、どのスケルタル メッシュ LOD を使用するのかを指定する方法を説明します。

  1. まず、 コンテンツ ブラウザ で、取り扱う LOD が 2、3 個ある スケルタルメッシュ を見つけ、 スケルタルメッシュ エディタ で開きます。

    PerPlatformLODs_01.png

    この例では、選択したススケルタルメッシュに 4 つの LOD があります。プロジェクトのニーズを満たす個数を含むスケルタルメッシュを選択できます。

  2. スケルタルメッシュ エディタでスケルタルメッシュを開き、 [LOD Settings] カテゴリの [Asset Details (アセットの詳細)] パネルの [Minimum LOD (最小 LOD)]+ をクリックします。

    PerPlatformLODs_02.png

  3. 表示されたリストから、プラットフォーム名をクリックすることで、オーバーライドするプラットフォームを選択します。

    PerPlatformLODs_03.png

    この例では、DesktopMobileConsole 向けのオーバーライドを設定しました。

    下表で示される プラットフォーム グループ で個別にプラットフォームを設定することも可能です。

    プラットフォーム グループ

    プラットフォーム

    デスクトップ

    Linux、Mac、Windows

    モバイル

    Lumin、TVOS、HTML5、Android、iOS

    コンソール

    Switch、Xbox One、PS4

  4. それぞれの プラットフォームMinimum LOD を入力します。

    PerPlatformLODs_04-1.png

    最小 LOD 設定はどの LOD レベルを最初に使用するのかを制限することにより機能します。ゼロを入力すると、各 LOD を使用できますが、3 の場合は最後の LOD のみが使用できます。この例では、 ゼロ[Default]ゼロ[Desktop]1 を [Console]2 を [Mobile] に入力します。

  5. 完了したら、必ず [Save] ボタンを押して変更を保存します。

    PerPlatformLODs_05.png

最終結果

すべてのプラットフォームでそれぞれの LOD が設定されると、スケルタル メッシュをゲームで使用する準備ができます。

このしくみをさらに理解するために、次の画像を確認してください。

PerPlatformLODs_Matrix.png

  • PC の場合、最小値を 0 に設定したのですべての LOD が使用されます。

  • コンソールの場合、最小値を 1 に設定したので LOD 0 は使用されません。

  • モバイルの場合、最小値を 2 に設定したので、LOD 0 と LOD 1 は使用されません。

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback