Web Remote Control

Unreal Engine プロジェクトを Web クライアントからリモートで操作します。

Windows
MacOS
Linux
このページ中

Unreal Editor には、プロジェクトのコンテンツのほぼあらゆる側面を操作できる強力なツール セットが用意されています。しかし、大規模なコンテンツ編集プロセスの一環で Unreal Engine を活用するには、エディタの UI を使わずにプロジェクトを変更しなければならないことがあります。たとえば、テレビや映画の制作会社であれば、オペレーターは、パイプラインで使用している他のソフトウェアと統合されたカスタム UI から、簡単に手早く、一部の共通機能にアクセスして、制御できる必要があります。

Web Remote Control システムは、REST のような API を介してリモート Web アプリケーションの HTTP リクエストを処理する Web サーバーを Unreal Engine の内部で実行することで、これを実現します。

この機能が適したシナリオでは、次のようなメリットが得られます。

  • 特定のユース ケースで意味のあるオブジェクトやプロパティを対象にして、プロジェクトのコンテンツを操作できるまったく新しい UI を作成できる。

  • すでに使用しているサードパーティのアプリケーションとカスタム UI を統合したり、自社用に開発したその他の Web アプリに組み込むことができる。

  • Unreal を実行しているコンピュータと同じネットワークに接続している別のコンピュータやモバイル デバイスからエンジンを操作できる。

機能

このリリースの Web Remote Control では、ブループリントや Python で作業しているときと同じようなレベルで Unreal Editor やプロジェクト コンテンツをコントロールできます。

  • ブループリントや Python に公開されるどの関数でも Web アプリケーションから呼び出せる。

  • ブループリントや Python に公開されるプロパティの値を Web アプリケーションから読み取る/書き込むことができる。

少しの工夫とある程度の Web 開発スキルがあれば、比較的シンプルな基本の構成要素として Web Remote Control を利用して、独自のリッチな編集ツールを作成できる。

Web Remote Control の現在のバージョンは、ベータ版であるとお考えください。現在すでに、実際のバーチャル プロダクションやブロードキャスト ワークフローで利用されていますが、お客様のフィードバックに応えて、今後のリリースで変更される可能性があります。現在の機能を拡張する、導入しやすいようにサンプルを充実させる、オブジェクト パス、関数名、パラメータ名を特定しやすくすることを考えています。

入門編

リファレンス

Web Remote Control システムが公開する API は、REST と同様に、JSON ペイロードを含む HTTP リクエストと HTTP レスポンスを使用して操作します。ただし、API が技術的に RESTful になるには、複数の HTTP 動詞 (POST、GET、PUT、DELETE など) をサポートし、任意の CRUD パターン (Create (生成)、Retrieve (取得)、Update (更新)、Delete (削除)) で異なる操作を、JSON ペイロードで定義されているリソースに適用することを示す必要があります。現在、Web Remote Control API では、PUT リクエストのみで、Unreal Engine のすべての操作に対応しています。

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信