VR モードを有効にする

アンリアル エンジンで VR モードを有効にする方法を学習します。

Windows
MacOS
Linux

アンリアル エンジン 4.12 (UE4) では、VR (仮想現実) Editing Mode はエピック ゲームズ ランチャーで利用できるエンジンのバージョンで含まれています。この操作ガイドでは、UE4 で VR Mode をアクティベートする方法を何通りか説明します。

手動でアクティベートする

VR モードを手動でアクティベートするには、メイン ツールバー メニューの [VR Mode] ボタン、またはキーボードで ATL + V を押します。

vrmode_toolbar.png

キーボードで再び ATL + V を押すと、VR Mode を終了することができます。

コマンドラインに -VREditor と入力して UE4Editor.exe. を実行すれば、すぐに VR モードを開始することができます。

VR 編集モードへの自動エントリ

4.13 (UE4) では、自動的に VR モードになります。UE4 エディタがフォアグラウンド、かつ Enable VR Mode Auto-Entry がオンになっている限り、ヘッドセットを装着すると自動的に VR 編集モードになります。ヘッドセットを外すと、編集モードが終了します。

VR 編集モード自動エントリのオン / オフの切り替え方法

VR 編集モード自動エントリのオン / オフの切り替え方法は以下の通りです。

  1. [Edit (編集)] メニューで [Editor Preferences (エディタ環境設定)] をクリックして [Unreal Editor] オプションを表示します。

    EditorPref.png

  2. [General (一般)] の下の [VR Mode] セクションを選択し [General] カテゴリを選択します。

    クリックしてフルサイズで表示

  3. [Enable VR Mode Auto-Entry] オプションで自動エントリ機能のオン / オフを切り替えます。

    AutoEntryMenu_Highlight.png

Select Skin
Light
Dark

新しい Unreal Engine 4 ドキュメントサイトへようこそ!

あなたの声を私たちに伝えるフィードバックシステムを含め、様々な新機能について開発をおこなっています。まだ広く使える状態にはなっていないので、準備ができるまでは、ドキュメントフィードバックフォーラムで、このページについて、もしくは遭遇した問題について教えていただけると助かります。

新しいシステムが稼働した際にお知らせします。

フィードバックを送信