VR モードでのアクタの作業

VR モードでの作業時にアクタを配置、トランスフォーム、修正する方法

Windows
MacOS
Linux
Prerequisite Topics

This page assumes you have prior knowledge of the following topics. Please read them before proceeding.

ワールド内へのアクタの配置

VR モードでは、コンテンツ ブラウザまたは Place モードを使ってアクタをワールドに配置することができます。

コンテンツ ブラウザを使ってアクタを配置する方法

  1. モーションコントローラーのトラックパッドを押して ラジアル メニュー を開いて [Windows] オプションを開きます。

    クリックしてフルサイズで表示

  2. トラックパッドを使って [Window] > [Levels] から [コンテンツ ブラウザ] を開きます。

    クリックしてフルサイズで表示

  3. インスタンスを配置したいアセットの方にコントローラを向けます。トリガー を引いて選択します。この例では、ボックスのスタティックメッシュを選択しています。

    place_cb_select.png

  4. コントローラをコンテンツ ブラウザからワールドへドラッグして移動させ、ワールド内でトリガーを放した場所にアクタが配置されます。

    place_cb.png

Place モードを使ってアクタを配置する方法

  1. モーションコントローラーのトラックパッドを押して ラジアル メニュー を開きます。

  2. トラックパッドを使って [Window] > Modes Panel] から [Modes] パネルを開きます。

    modes_pannel.png

  3. [Basic] タブで追加したいアクタ タイプにコントローラを向けて、トリガー を引いて選択します。この例では、シンプルなキューブを選択しています。

    place_mode_select.png

  4. コントローラを [Modes] パネルからワールドへドラッグして移動させ、ワールド内でトリガーを放した場所にアクタが配置されます。

    place_mode.png

ワールド内のアクタの選択

アクタの選択方法

  1. 選択したいアクタにコントローラを向けます。

    select_actor_aim.png

  2. トリガー を引いて、そのアクタを選択します。

    select_actor.png

複数のアクタを選択する方法

  1. 選択したいアクタの 1 つにコントローラの照準を合わせて、トリガー を引いて選択します。

  2. [Modifier] ボタンを押しながらモーション コントローラーを追加 / 削除したいアクタ上に合わせて トリガー を引きます。 select_actors_multiple.png

ワールド内のアクタを自由にトランスフォームする

  1. 自由にトランスフォームさせたいアクタを選択します。ただしトランスフォーム ハンドル上はクリックしないようにしてください。

    free_transform.png

  2. アクタを自由にトランスフォームするには、アクタを選択した状態で、もう片方のモーション コントローラーをアクタに合わせてトリガーを引きます。モーション コントローラーを遠ざけるとアクタは大きくなり、両方のコントローラーをあちこち動かすとアクタが回転します。

    free_transform_Move_Rotate.png

Select Skin
Light
Dark

Welcome to the new Unreal Engine 4 Documentation site!

We're working on lots of new features including a feedback system so you can tell us how we are doing. It's not quite ready for use in the wild yet, so head over to the Documentation Feedback forum to tell us about this page or call out any issues you are encountering in the meantime.

We'll be sure to let you know when the new system is up and running.

Post Feedback